MuMu rooMu Blog

むむっとなる情報を!
MENU
├ホームステイ(封)

6日目 学校&病院慰問

6日目です。半分来ました。やっと半分OTZ

6日目はなげぇぞ。覚悟しろ

この日は、朝起きて、まぁ昨日同様に学校行って。

学校行くとき、毎日友達が一緒に車乗るんですよ。

バディのの友達ね。

背が高い男の人と、ちっさい女の子。

女の子のほうは名前覚えてます。ジョージャだった気がします。


それで、英語レッスンをちょこっとやったあとバスに乗車。

そう、この日は半袖きてたんですね。

前の日に長袖着てて、それが、微妙になんかチョコがついた感じになってて。

年下の毒舌な子に、若干服が汚れてただけで「存在が汚れてる」とまで言われてね

まぁ、どうでもいいですが。

逆にまったく気にしなかったオレはある意味えらいと思う

その子が「ミニー」で、まぁ姉さんもいるので「ミッキー」ってことで。

この日ぐらいから、ミッキー、ミニー、プロナンがよく一緒に行動してました。

まぁ、ミニーとプロナンのステイ先が一緒ってのもありましたが。

話を戻して、病院に行く途中のバスで、オレは、先生と適当に話してたんで、特に内容なし。

そして、病院について、出し物をしました。

オレは、はじめの挨拶、漢字の成り立ちについての朗読、歌、ぐらいですか。

まぁ、だいたい例外なくうまくいって。(←自分なりには(マテ

歌は、歌うやつが「世界に一つだけの花」で。

日本語版はいいですが、英語版が向こうにちゃんと聞こえたのかどうかが不安です。

っつーか、80%の確信を持って伝わってません(ダメじゃねーか

まぁ、いいんです。

ようは気持ちの問題です。

あと、漢字の成り立ち紹介のあとに、漢字クイズとかもあったのですが、このときにね、

「What this Kanzi mean?」とでも聞いたんだっけかな。

もっと言ってたかもしれない。

それで、合ってたり、間違ったりで、そのときに瞬時に

「No-」とか「Year, you're right!」とか言えちゃったのがびびった。

なんだかんだいって、向こうにいるとそういう風にいえるもんだな。

こっちに帰ってきたら言えなくなったのはトップシークレットな

それで、その後は、閲覧者。

紙芝居の「十二支」とか、お茶会(ティーセレモニー)とか違うチームがやって。

十二支ね。また今度無夢務の法則ででも解説しようかな。

それで、最後に「紙鉄砲」の作り方を紹介して。

そのときに、オレは分かってない女の子のところに指名されて、ずっとその子に教えてました。

いくつぐらいだろう。小学生3年ぐらいの大きさで。

もう、気配りとかなく思いっきり英語でしたが、お母さんがゆっくり言ってくれて助かりました。

まず、紙鉄砲の作り方を教えて。

まぁ、紙を折るという習慣があまりないのか、うまく言ってなかったので、オレのをあげて

音が鳴るたびに喜んでくれました。

ほんと、妹とかいたらこんな感じなのかなぁって。

それで、そのあと、いろんな話をしてました。

その子が「日本では数字はなんていうの?」って聞いてきて。英語でね。

「あー、oneがイチで、twoがニで・・」って感じ。

それこそ、簡単に「Ah one is Ichi in Japanese」ってかんじで

それでも、かなり喜んでくれた。

あと、「日本のアルファベットを教えて」と聞かれて。

さすがに「Aはあ、Bはい」ではまずいので。

「1番目がア、2番目がイ」といいつつ、途中で先生が持っていたあいうえお表を借りて。

「うん、こんな感じ」って教えてました。

その紙をプレゼントして。

ほんと、あの時は英語話せたなー。

そのあとは、なんか雑技団みたいなのが来て、いろいろ芸やって、ソレを見てました。

終わったあとは、病院でご飯を食べて、早く食べ終わったら、病院のプレーグラウンドで遊んでいいらしく。

オレは、途中で昼飯をあきらめて遊びました(ぁ

野球とかやってるやついて。

思いっきりやってんの。めっちゃ本気で打ってんの。ドア開いてなかったらハート先輩にぶつかってんの。


お前ら、よく聞け、ココ病院だぞ

そんなこんなで、野球をやりたがっていたハート&バーン先輩はやれませんでした(←ぁ

そのあと、バスで学校にターンバック。

バスの中で、飯全部食ってなかった人は食ってよいらしく、オレは食いました。

そして途中から、ミニーが「コレ食えんから食って」といってきて、

「任せとけ、オレは元残飯処理班だ」

とほざいたのが間違いでした。

ミッキー「え、じゃあこのお菓子食べて」

∑     ・・・・・・・         OKOK。食うわ。

そして、新人物紹介。

違う岐阜チームの女たち。イッシーと同じECCのかたがた。

2日目で靴流された「サイマ」と、その友達「マイフ」と、もう一人友達で「モノケシ」

そのモノケシのバディはオレのバディと仲がいいです。

それで、残飯処理班として名をあげてしまったオレは

マイフ「これ食べる?」

サイマ「コレも食べて。未知の食べ物なんだけど」

と、いろいろ押し付けられ、無論全部食いました

その未知の食べ物はプラムでした。

っつかね、ミニーが「今ココで食べてみてよ!」といってたんですが。

オレ「ばかやろ、ココで食って汁とか垂れるやつだったらやばいだろう。こここぼしたらいかんのだから」

ミニー「そんなの関係ねぇわ」

∑んなわけねぇだろ

オレ「コレの汁が垂れない保障がどこにある?」

ミニー「絶対大丈夫。大丈夫だから」

∑オレはその根拠がなにか聞いたんだが

オレ「じゃ触ってみ。このぷにぷに感。もう限界きてるだろ?」

ミニー「うん、大丈夫」

オレ「じゃお前にやるからお前が食え」(←正論だと思う

ミニー「い や だ ね」

そして、オレの言動があるたびにミッキーが爆笑してました。

オレの存在は汚い→ばかばかしいに変わったようです。

それからは普通に帰って。

それで、学校では日本語の授業でした。

昨日と同じく、先生は変わりましたが、「お名前は何ですか?」級の質問を繰り広げてました。

先生は日本人でしたけどwww

あとは、社会の授業も受けて、オーストラリアの気候かなんか。

まぁ、バディが雨温図とか見せてくれて、必死に説明してくれました。

分かりました、おかげで。

まぁ、半分理科ですね。上昇気流とか言ってたし。

それで、帰って、オレは、その段階では「未知の食べ物」だった正体をバディに聞いて

「プラムだね」ってなって。

食ってみたら汁がこぼれました。

オ レ は 正 し か っ た

それで、その後は、バディの習い事に。

その教室は、バディの「誰だお前だった姉さん」が運営してるらしく。

そこに、オレのバディと、モノケシのバディが着てて。

当然オレとモノケシが取り残されて。

その習い事が、なんかモデルの歩くやつのショーみたいなやつで(わからねぇ

まぁポーズとか決めるやつね。

それ見ながら、最年少であろうちっさい可愛い子を見て、「めっさ可愛いやんw」と行って、モノケシと盛り上がってました。

はい、すいません。ロリコン発言でした

まぁ、特に面白い展開があったわけでもないので、。

その後帰って、家では「タコス」たる物を食いました。

おいしかった。タコス初めて食ったけど、めっさうめぇ。

タコスってね。一個だけで出てきたら「タコ」なんだよねwww

それで、タコスを堪能した後、バディに折り紙を紹介して。

最初に鶴を作ってみたけど、反応が薄くて。

そのあとに、「This is a balloon made of paper」と言って、膨らます前の折り紙風船を見せて。

目の前で膨らませたら、かなり喜んで作ってました。

一応折り紙の裏に、簡単に折り方をかいときました、

まぁ、楽しんでくれてよかったです。うん。

それで、なんやかんやで時は過ぎ、その日も9時ごろに寝ました。

以上

スポンサーサイト
├ホームステイ(封)

5日目 雨が降った学校初日

5日目です。

この日は、朝起きて、着替えて、バディと登校。

オレは寒かったので、セーター的なものも着て。

そして、弁当をもらって。

当初は行ってすぐに学校案内的なのがあったらしいが、なくなりました。

また、今後、いつかやるといって、結局最後までありませんでした。

学校では、半分以上「英語レッスン」たるものがあって、それやってました。

楽しかったよ。

なんつーか、全部英語だけど、結構わかるし。なんとかなるし。

ほとんどゲームだしな。

そして、ランチはバディが食べに来て、

すげーの、もうバディとその友達の会話が。

めっさはやくて、ぜんぜん理解できねぇ。

でも、バディの友達の女の子に

「私たちの英語はあなたたちにとって早いでしょ?でも、私たちからすれば、日本語ってそんな感じなの」

って言われました。

もっともだけど、改まって言われると、「あー、そうだな」と実感しますね。

まぁ、基本的な会話。まぁ中3までで習ったようなことを使えばクリアできる。

「Have you ever been to Japan?」とでも聞けば、そこから発展してくもんです。

いろいろ聞いてたなかで、どうやらオーストラリアではナルトがブームらしく。

「Do you know NARUTO?」

とよく聞かれました。

オレは11巻ぐらいまでしか読んでませんがある程度キャラもわかって、いろいろはなせました。

ほんと、一人キャラクター出すだけで盛り上がるんだよね。

サスケとか我愛羅なんかは大好評でした、

それで、学校は帰りました。

その日は、特に何もなく、バディが見てた映画を一緒に見ました。

なんか、車のバトルっぽい。なんか、ドリフト頻出の映画で。

聞いてもわからなかったので字幕をつけてもらって。

ほとんど「キイィィィ」とか「ブォォ」とかだったので、わかりました。


それで、それを見終わったら、9時ごろでしたが、よい子は寝る時間だったらしく、オレも寝ました。

ふー、短いですが、こんな感じで5日目終了

├ホームステイ(封)

4日目 ホストファミリーと自由行動

4日目ですb

4日目は、朝はゆっくり寝させてもらって、起きた後はWii


その1時間後ぐらいに、違う男の人が来て、出発。

∑お前も誰だ

あとで、お姉さんの彼氏?だんな?ッてことがわかりました。

そして最初はビーチへ☆

そこでおじいさんとおばあさんと合流して、一緒にご飯。

フィッシュアンドチップスを食べましたよ。

個人的にアレ、かなりお気に入りです。


そのあと、レンタルでよくわからん車みたいなやつで散策して、泳ぎに。


泳ぐというか、半分水かけ遊びでしたけどね。

バディとともに、かもめ撃退に励んでました。

その日も天気はすばらしく絶好調で、いい海水浴が楽しめましたb

その後は31アイスクリームを食べて。

オレは日本でもロッキーロードが好きで、そこでもロッキーロードを頼みました。


実際はソレ以外名前がわからなかっただけ

おいしかったです。

「Good?」とか聞かれて、「Year, it's sweety」とかバカみたいなことしかいえませんでしたが(ぁ


その後、再びもといた場所に戻り、グランドペアレンツに別れを告げて帰宅。

家に帰った後は、テレビとかなんとか、うだうだやってて。

オレは日本から持ち込んだ「習字道具☆」をあけて、習字をやることに。

月~日までの曜日とそれぞれの意味?

月だったら「moon」とか言いながらやってました。

コレが意外とむずい。

月って「moon」でもあるし、「month」でもあるし、「Monday」でもあるからね。

土なんて、なんていっていいかわからなかったよ。

結局「sand」(砂)にしちまったよ。

今考えたらearthでいいじゃんかよ。

あとは、オレの苗字書いて、あとは苗字についてごたごたながら説明してみたり。

そんなこんなで日本の文化を伝えてました。

すると途中、お兄さんの方が思い出したように提案してくれて、コアラパークという動物園に行くことに。

すげーよ、コアラ抱いたb

肌触り最高だからね、気持ちよすぎる

もう一回抱きたいな。

写真は載せると時間かかるんで、今回以降は勘弁してくれ。

そして、孔雀とか馬とかいろいろ見て、その流れのまま鳥ゾーンへ。


オレはある鳥に大変好かれまして。

そのゾーンを出るとき、オレの肩にずっと乗ってて。

出ようとしたら、帽子を奪われるという攻撃を受けました。

すごかったよ。

なんかポケモンの微妙な技を受けた気分だったよ(どんなだ

なんとか逃げて、その後はオウムばっかいるところにいって。

やべぇよ、めっさおもれー

「Hello」
  「Hello」          「Hello」
          「Hello」
「Hello」          「Hello」
「How are you doing?」   「Hello」

   「Hello」

こんな感じ(わけわからんわ

とりあえずしゃべりまくってるんですよ。

オレも一応教えてみました。

「Good bye」とね。

そのときはしゃべったくれたが、もうわすれてるだろうな。

それにしても感動した。

他にもアヒルとか例の黒鳥とか、そのたいろいろいました。

そんなこんなで、帰ってきてからは、なに食べたんだっけ、忘れた。

その次の日は学校だし、個人的に疲れたのでこの日は就寝。

以上←

├ホームステイ(封)

3日目 ロットネスト島

3日目は島です、


ロットネスト島っていうところで、島自体と周囲3kmの海までが自然保護地区に指定されてるそうです。

朝起きて、また飯食って。

ベーコンは、その日はベーコンを食べませんでした(ぁ

フェリーでロットネスト島まで行くんですよ。

その前に、オレはサングラスがなかったのでサングラスを購入。

X-SHOCKというメーカーのサングラスです。

そこで、鉄鉱石の磁石もかって。

ほら、鉄鉱石ってオーストラリア有名じゃないっすか。だから。

んで、フェリーでは、オレはうろうろとして、なんだかんだでカメラが壊れました(∑


と思ったら電池切れでした(うっせ

それで、途中でイルカとか発見しました。

降りた後は2つのグループに分かれて、中2以上とそれ以下だったかな。

俺のグループ、つまり中2以上は自転車でサイクリング

あ、電灯の上にペリカンがいました。

RIMG0075_convert_20080406193338.jpg


(どうでもいいから次行けや

最初は灯台に行きました。

なんか、19.2mらしいです。高さが。

RIMG0106_convert_20080406193100.jpg


んで、そこからの景色もすごくよかった。きれい。

もうね、海がきれいだから、何でもきれい(ぇ

そのあとはいろいろと説明受けながら、いろんなところを回って。

クォッカっていう動物がいるんですよ。

野生ではロットネスト島にしかいないらしく、貴重です。

ピカチュウのモデルです(∑知るかぁ

ええ、オランダ人がココの島を発見して
このクォッカを発見して
それをねずみだと思い
ラットネストアイランド(ねずみの巣の島)と名づけ
あとでイギリス人がそれを「ロットネスト」と読んだことが由来です。

ロットネスト島のメインは「クォッカ」です

なめんなよ、その可愛さを(うっせ

RIMG0099_convert_20080406194555.jpg


もうね、オレ惚れたからね(きめーよ

ペットにほしいです。自然保護だから無理だけど。

有袋類です、一応。
めっさかわいい。

近くに面白い木がありました

RIMG0094_convert_20080406195835.jpg


Lだよ。L。

いびつな形www

∑だからどうした

それで、その後は飯食って、バスに乗り換えてバスツアー

灯台とか回ったりで、もう一回ロットネストアイランドを一望して。

途中、ちまちま降りて、いろいろ見て。

景色がいい物見台っぽいところとかもあって。

そこまでは歩いていくんですが、その途中の道には蛇とかトカゲがいるらしく。

他にもぼこぼこ穴が開いてました。

話に聞くと、その穴は、周囲に生息してる鳥の巣で、夕刻になると矢のように帰って来るそうです。

絶対痛いだろ、その帰巣方法

それで、Uターンして帰ってくるときにトカゲを見つけました、。びびった。

まぁ、あとは景色見てただけですね。


そしてパースに帰りました。


そこでいよいよホストファミリーと出会う←

もうね、会って、車に乗って、家に向かうんですが、何話していいかわからなくて。

むしろ話すことはできないわけで(ォィ

オレのもらった情報ではバディとそのと両親で4人。

車には母親とバディと二人。

ふーむ、お父さんにあってみてぇな。

とか思いつつ車で、兄弟いる?とかロットネスト島はどだった?とか

そんな低級会話をしながら家へ到着。


やべぇ、でけぇ。

写真もあるが、ここは肖像権的な問題で控えたいと思います。

っつか、公園とかはいいんだよね?そういうの。

ほんと、まずアレなんすよ、オートロック

それで、オレの部屋に案内されて、部屋はいっちゃわりぃが若干小さめで。

そして、案内されてキッチンへ

「Hi, What your name?」

聞いてきたのは女の人。

「Ah , My name is mumumu」

ちょっとまて。女?あれ?兄?

ちょ、お ま え は だ れ だ ☆ 

結局姉だったそうです。

情報に書いてないとか、いったいなんなんだw

夕食もいただいて、シャワーを浴びて。

その日は早めに寝ました。

疲れたんだよね、ロットネスト島。

そんなこんなで3日目でした。

├ホームステイ(封)

2日目 パース市内観光

1日目から読むことをお勧めします。


2日目は6時起き。

8時にバスでツアー出発なので、早めに起きた感じです。


後輩二人より起きるのが遅かったのは秘密ね

それで、食堂っぽいところ行って。

まだ、オレたち以外は来てなくて、「え?なに?食っていいの?」みたいな感じで食べてました。


そのなかにベーコンがあって。

結構塩辛いんですよ。

大量にとった後輩は、食べるのに苦戦したそうです。

「ちょ、もう食えねーから」

「大量に取ってきたのお前だろう」

この瞬間から、あだ名がベーコンに決定しました。

食べ終わるころに、他の人たちもぞろぞろ入ってきて。

おれらは部屋に戻りました。

みんな準備とかしてて、無夢務は二度寝を開始しました(∑

まぁ、準備はさっさと済ませて、バスに搭乗

最初はキングス パークっていうところへ。

大きな公園らしいですが、オレたちは慰霊塔だけを見ました。

RIMG0041_convert_20080406092031.jpg



ぎゃー。縮小したら画質落ちたー(⊃д`)

うん、こんな感じ。


ついでにパースの景色をどうぞ

RIMG0044_convert_20080406092408.jpg



その後は、モンガー湖っていう湖行って。

黒鳥って言う鳥を見ました

RIMG0055_convert_20080406092706.jpg


こういうやつです。


それで、それを見た後、インド洋のビーチに行きました。

パースは西海岸にあって、そのビーチは「サンセットコ-スト」っていうらしいです。

夕日が見たかったな。

でも、めっちゃきれいでしたよ。

オレは、靴脱いで、チャプチャプしてました。

RIMG0063_convert_20080406093144.jpg


途中で、誰かの靴が波にさらわれて。

オレの近くにあったのでとろうとしましたが、ズボンが軽くぬれて、結局届きませんでした。

最後に・・・あのでっかい波が来なければ・・・。


その後、その靴の持ち主である女の子が、濡れながらもとってました。

オレ→無駄な犠牲

あー、とれたらかっこよかったのにな(うっせ

んで、バスの運転手にばれないように、濡れた二人はバスに乗って。

次はフリーマントルっていう場所に移動。

そこで、ご飯を食べました。

フィッシュ&チップスって言ってね。

まぁ、魚のフライとポテトです。
RIMG0070_convert_20080406093605.jpg


うげ、若干ピンボケ。

コレに、お酢なんかをかけていただくのです。

普通においしかったです。

オレと先輩二人は、座った場所が濡れてたので、外の席に移動。

外の席はすさまじかったよ。

上空にかもめがカーカー飛んでるんですよ、

そして誰かが何かを残して席を離れると。

襲☆撃

見事に魚とポテトだけを食らっていきます

RIMG0072_convert_20080406094044.jpg


もう跡形もなく処理されます。

ってか、かもめってかっこいいんだな。

もっとバカ面してると思ってた。

RIMG0071_convert_20080406094331.jpg


これは大きな収穫だ(マテ

出るときには、もうほとんど乾いてました。ズボンね。

んで、次は大きいショッピングモールまで行って、買い物しました。


少ないですが、お土産も買いましたよ。

んで、もうね、リングも安いの買ったんだけども、サイズをミスって。

めっちゃ英語で頑張って交換してもらいました。

いやね、アレは自分でびびった。

ちゃんと通じるもんだな。

なんか、ロンドン通りって言うところもあって。

すげーハリーポッターみたいなの。

ほんと、杖とか売ってそうなぐらい(ぁ

結構彷徨って、いろいろ見た割にはあんまり買ってません。

よってお土産も少ないです。


ってか、中学卒業後高校入学前とか、誰にどのタイミングで渡すんだよ的な

自分用のお土産が多数占めてる気がします。さすがB型(ぁ

そして、近くのレストランに夕食を食べに行きました。

いや、コレもプログラムだから、みんなでね。

オレは、右に後輩二人「アロライ」「サイエン」の順、左に「ベーコン」がいました。

その向こうに、まだな前は未設定ですが、中1の子がいて。いたずらっ子。

オレの前は「プロナン」その右が「クルード」で、左が「イッシー」

そんなかんじです。

オレは、肉とか適当に取って、いろいろ話してました。

その会話の一部

フォレー「いいがん、A高校私立だから社長令嬢いっぱいおるで」

オレ「あ?シャトレーゼが何だって?」

クルードのつぼに命中。

ずっと笑ってました。

フォレー「シャトレーゼってお前、ケーキやんケ ー キ 」

プロナン「あー、でもあそこ饅頭とか売ってるよ」

無 駄 な 豆 知 識 キター

オレは饅頭に受けました。

そして未だにクルードがシャトレーゼで笑ってました。


しばらくの後、デザートを取ってきて。

チョコケーキチックなものを食べようとしていた俺は、ココアを入れれるところが合ったので、ココアを入れに。

帰ってきたら、みんなくすくす笑いという。


状況→ゼリーの上に白い粉末が乗っている☆→塩

食 え る か 

でも食べました。若干でよかった。

やったのはベーコンっぽいです。

っつかね、オーストラリア、塩1粒あたりの濃度が高いんですよ。

チョー辛くて。

それをケーキにも乗せられてたというね。

しかも少し溶けてケーキに浸透してるという罠

それを食べた後、ベーコンの横の子が、ベーコンのゼリーに塩をまいてました。

もうね、粉末じゃなくて何かの固体に見えるようになるまで。

さすがにそれは食べれなかったようです。

オレも支援しましたが、途中で気持ち悪くなりました(∑

イッシーもイッシーで、なんか水の中に塩入れられてました。

飽和超えてやがった。それでも飲んでやがった

オレもアロライに入れられましたが、微量でした。

それでも、ほのかに塩味。

じゃあ、あの飽和超えた水はどんなんなんだ

そこは触れずに行こう。

あとはバスで帰って終了。

ホテルで、打ち合わせみたいなことやって寝ました。


以上2日目でした

├ホームステイ(封)

1日目

さて、一日目。

特にないけどね。

2日目に進入して、とりあえず、3時ごろ、寝るまでを書きます。

眠いし。


さて、まず朝5時おきで某K駅に向かいます。

そ こ に 男 は 一 人 だ け ☆

でも、まぁECCの知り合いなんで話せますがね。

よし、名前か。めんどくせーな。多いぜ

まず、先輩2人

「バーン」先輩と「ハート」先輩で(以下敬称略

バーンは、前に生徒会でお世話になった先輩で、ハートは前から知ってたけどあんまり話さなかった的な。


そして、後輩2人

「アロライ」と「サイエン」で行きますか。

アロライは、夏のスピーチコンテストで一緒にやって、それ以来なんだかんだの仲です。

サイエンは、まぁ、この機会がお初です。

そして、空陽も通っていた某A中学の3人。

「フォレー」と「プロナン」と「クルード」で。

フォレーは小学校が同じで、ECCを一緒に始めた仲です。

他二人は、まぁそいつのおかげで会話できた的な。

ちなみに、そいつらに、「空陽に似てる」といわれました。


さて、まず、出発ですが。

もうね、スーツケースやべぇの。邪魔ったらありゃしねぇ。

電車で、中部地区にある大きな某空港まで行って。

そこで旅券もらって、その時点では、オレは先輩二人とばっかしゃべってて。

荷物検査するときに、横に飴がおいてあったので、オレは大量にぱくりました。

それで、飛行機も、席はその二人と一緒でした。

今更、どう転んでも女子としかならないけどな。

ってか、先輩が、飛行機乗るときの集合時間に来なくて、探しに行ったというね。

しっかりしてくれよ、先輩


飛行機の中では、いろいろと映画がやってたんで、オレはHEROを見ました。

検事のね。アレ面白かったわ。

その後は、先輩と話したり、ゲームやったりで、はしゃいでて。

昼の3時ぐらいにシンガポールの空港に到着。

次は7時ぐらいまで飛行機が出ないそうで、みんな空港内を散策。

オレはやっぱり先輩についていきました。

今度は遅れないようにするために(∑

で、なんか全部S$シンガポールドルで、結局買い物はせずに、先輩は宿題はじめて。

オレはゲームができるコーナーでずっとゲームしてました(∑


そして、空港内電車に乗って移動して、飛行機の搭乗口へ。

オレは検査で引っかかることはなかったんですが、先輩と後輩が引っかかってました。


で、飛行機乗って。

そこでは続・三丁目の夕日を見ることになって。

途中飯とか食ったりして、パースに到着。

この段階で、オーストラリアは日本との時差がなく、1時ぐらいに着きました。

そのあとホテルに行ってチェックインをして、就寝。

一緒の部屋になったのは、ちがうECCのクラスの、「イッシー」と「ベーコン」です。

なんでベーコンかはまたいつかわかります。

岐阜県の人で、二人とも後輩に位置します。

しかし、身長的な理由で、ほとんど年の差なく話してました

イッシーはハンド部らしい。

寝る前に、シャワーだけ浴びてね。

オーストラリアはシャワーオンリー的な。


よし、終了。一日目終了。

それでは、また2日目も書きます。

該当の記事は見つかりませんでした。