MuMu rooMu

むむっとなる情報を!
MENU
本レビュー

プラチナデータ

こんばんわ

ラウンドワンのゲリライベントで、
朝6時まで17Gくらいボーリングした無夢務です←


昼夜逆転しました←
明日から新セメスターなのにっwwwww


さて、今日は、東京への行の夜行バスで読んだプラチナデータのレビューです


プラチナデータ (幻冬舎文庫)プラチナデータ (幻冬舎文庫)
(2012/07/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


東野圭吾の、文庫化される前から気になっていた本です。


この本は、なんというか、理系として核心を突かれたような本でした。

東野は、心情描写というか、そういうのがすごいと思います。
毎度ながら←

人間の、権力や知恵が持つ傲慢さ、それを利用するっていう社会。
そういう人間の世界の怖さというものを実感しました。

結局、どれだけの頭脳があり、平和を作る会議があったところで、そこに傲慢さが混じった瞬間
権力界隈でそれが利用されて、うわべの平和になってしまうだけっていう怖さ。

お前のせいだよカタストロフィ

あと、すべての人間を管理下に置くっていう、情報社会の最高峰の恐ろしさも痛感しました。

以下完全ネタバレですが()

プラチナデータっていうのは、犯罪を犯した時に、検索システムに引っかからない人たちのことで
それに登録していれば、個人情報管理の中でも、DNAでばれることがないとか言ったそういうものです。


国民すべての情報を掌握するシステムに、官僚の情報は含まれないという、権力の横暴は考えさせられます。


今の国でも同じようなことは行われていないだろうか?

議員の脱税などは、そういった傲慢さの表れだろうし、
国民が解せない法律の制定っていうのも横暴さを感じます。

でも、権力がないと変えられないし、権力を持つためには、そういうことを黙認していく過程が必要なのかもしれない。

そんな感じな社会が描かれていて、ハッとしました。

こんなことに加担する科学者・研究者にはなりたくないです。


ではでは!

スポンサーサイト
旅行

タイ旅行記3 「食とか物とか」

ブログ更新疲れてきましたが←

9/20は、あまり文化的な要素は少ないかもしれないです←

この日は食べること・買い物を中心に歩き回ります。

地形や雰囲気に慣れていなかったことから、乗ることができなかった船の便
2_convert_20120925182043.jpg


水上マーケットなども、タイ旅行の醍醐味と言われていますが、
押し売りされたら逃げれないのでやめました(ぁ

その後、サヤーム周辺の"街"っぽいところを歩き回って、「Mango Tango」というマンゴーデザートのお店に!!

dsav

オレが食ったのはMangoWalth(80B)です!

マンゴーの切り身マンゴープリンが、タピオカミルクに入っているという!
めっちゃうます!!!

左のジュースがシーサーが頼んだマンゴーフルーツジュース!(55B)ボール状のスイカとメロンとか入ってました!
右上がナウのFreshMango(120B)読んで字のごとく、フレッシュなマンゴーです!
左上がタンタルのマンゴー盛り合わせみたいな!アイスとかプリンっぽいのとかで充実(75B)

ちなみに手前に写っているオレンジのストローの飲み物は、
オレがその辺で買ったフレッシュいちごジュースです!(about120B)
これもめちゃ甘ででらウマです。

サヤーム通りの風景はこんな感じです。
mati

すこし洒落たマーケット感じですかね。

そのあたりをうろうろして、まぁ格別すごいっていうお店もなかったので、ビル街の方へ

最初に入ったのは、マーブンクローセンター?かな?

お土産に最適なものとかが結構売ってて、ショッピングを楽しめました!
後でお土産コーナー見たいなのもやります!たぶん←

そこでお昼御飯です!
オレはマンゴーとかで結構お腹いっぱいだったので、汁物にしました!

10_convert_20120925184636.jpg

手羽先っぽくて、おいしかったんですが、食べるのに手間取りました←

ちなみに飲み物はタイ版いろはすですww

その後は、最終目的地をサヤームパラゴンにして、店から店へと移動!

このあたりの建物は、ほんと新築なのか全部きれいです。下手したら日本より解放感あっていいかもしれない勢い。
22_convert_20120925185156.jpg


歩き疲れて休憩中w
26_convert_201dsa25185329.jpg

奥にスタバありますね。
この時、タイのスタバのタンブラー欲しくて見に行ったんですが、普通のしかなかったです←

このあと、また立ち上がり、歩き始めます!

サヤームビル街の歩き道の風景
27_convert_20120925185821.jpg
綺麗ですね!

両脇に生えている木が南国っぽいですw

パヤゴンに予想以上早く着いてしまったので、セントラルワールドに戻ることに。

セントラルワールドの内装のオブジェもお洒落や
31_convert_20120925190144.jpg

旅行雑誌のようにうまく撮れない…雑誌ぱねぇ…

この日の夜ご飯はもう目星がついていたので、それまで2/2に別れ自由行動!

オレはタイシルク系を探していたので、それを購入。お金が底をつき始めます(VISAカード大活躍)

そしてよるごはーんです!
40_convert_20120925190412.jpg
タイスキ、つまりタイすき焼きで、その手では有名な店MKrestaurants

内装のかっこやさから、若者が来るところじゃない感があふれます。
41_convert_20120925190635.jpg

食事中の様子です!
43_convert_20120925190748.jpg

タイスキと紹介しましたが、間違いなくただの鍋です


でも、おなかいっぱいになったのでOKです^^

この時点で、オレの手持ちが0Bです。←

腹いっぱい食って
「帰るかー。そういえば今日雨降らなかったなー。そういう日もあるんかなー」

その先に待つものそれは

48_convert_20120925190902.jpg
水  没  都  市

ジーンズにブーツを履いていたオレは、靴を脱ぎ裾をまくり、この雨水の沼へ素足で入っていきました←

現地民の気持ちが少し理解できた気がしました←

滞在中もれなくスコールの脅威を知ったところで、ホテルに帰着しました。

そして翌日9/21
朝5時に、内線の電話に起こされて、急いでロビーへ

そこからJTBさんのバスに乗り、空港へ!

途中タンタルがパスポートを失くした騒動を起こしてましたが、ありました(ぁ


空港到着
相変わらずきれいです。タイはガラス張りが好きなようです。
SH3I0009_convert_20120925194332.jpg

荷物を預けると、近くにモックさんが居ました。

なんだかんだで、どこにでもいるんですねw(ぇ

SH3I0013_convert_20120925194511.jpg

他にも、免税エリア内の画像とか撮りましたが、ここでは割愛します←

そうして飛行機に乗り、21日の5時ごろ、日本へ上陸しました。

end


お土産とか、他の裏話回は、時間があったらやります。

旅行

タイ旅行記2 「遺産と像とnewhalf」

9/19

この日は、もういっそタクシーとかじゃなくてツアー使わない?と思ったんですが
言語と文化の壁

なので、やっぱりホテルのボーイさんに「アユタヤーいきてぇ」って言ったら
またいい感じのタクシーを呼んでくれました。

タクシーでアユタヤーまで行き、そこから遺跡回っていろいろ回って2000Bという破格の「TAXIツアー」

というわけで、TAXIツアーしていきます。

最初に行ったのがワット・ロカヤスタ
2_convert_20120924170755.jpg

ここには、ワットポーと同じく、涅槃像が祭られていました
3_convert_20120924171023.jpg

一つ目の写真の真ん中のでかい塔に上ることができ、そこから反対側を見たら、こういう像もありました。
20_convert_20120924171428.jpg

白い像以外にも、周りにたくさん黄色い布を付けている座禅像がありますが、すべて仏陀を祭ったものだそうです。
TAXIのおっさんの話なので、真実かどうかはわかりません←

他にも戦争で壊された塔などの写真がありますが、割愛して、一番きれいにとれた塔を載せときます。
11_convert_20120924172942.jpg



次に行ったのは、奈良の大仏級、もしくはそれ以上の大きさの仏像が祭られている寺院でした。

残念ながら写真は撮れない雰囲気だったので撮れませんでしたが、TAXIの運転手さんが、
完全に空気を読まず、シーサーのカメラで写真撮ってくれましたwww

寺院内で、住職さんのような人(おそらく違う言い方がある)に、邪を払ってもらい、幸運の紐を手に巻いてもらいました。


そのあと、TAXIが向かったのはワット・マハタート

ワットマハタートは、この菩提樹に囲まれた仏頭が有名です。

50_convert_201209241749.jpg

ビルマ軍との戦争で、遺跡の大部分が破壊されていました
56_convert_20120924172541.jpg

タイに並び、仏教信仰国では、右手と頭は神聖なもので、足の裏や左手は不浄なものです。

戦争の時、ビルマ軍が意図的に頭や右手を壊していった傷跡が見られて、戦争の恐ろしさを感じます
53_convert_2012092417335.jpg

こういう写真はいっぱいあるんですが、サイズ圧縮の作業がやたら時間かかるので、いつも通り締めます
64_convert_20120924173747.jpg


その次にTAXIで案内されたのはワット・ラーチャ・ブラナ
73_convert_20120924174023.jpg


もっとも完璧な形で残った仏塔!
75_convert_20120924174231.jpg


壮観です!!
周りのものは結構破壊され、やはり仏陀は頭と右手が駆られたりしていましたが、仏塔の内部はほぼ壊されていないようです。

外装は修繕中なのが見て取れます。

中は、このように細道を降りていくことができ、奥まで行くと壁画が見れます。
82_convert_20120924174403.jpg
壁画は暗すぎて写真ではうまく取れませんでしたorz

気に入ったショットで締めて、この遺産からは脱出します。←
76_convert_20120924174651.jpg


「お腹がすきました。アイムハングリー」とタクシーの人に言うと、OK飯だなってことで、
近くのおいしいとこに連れてってくれました。

「GUEST HOUSE」みたいな名前で、結構安心して食べ物を選べました。
日本人観光客も多かったようです。日本語のいろはすとか持ってる人いたw

頼んだのがこれ
84_convert_20120924175116.jpg


初めて説明しますが、ご飯のメニューは、結構観光客向けに、英語の説明とかついています!
なので、その英語の説明で選んでますので、食べ物の名前とか読めないです(ぁ

けど、食べ物の名づけ方は、それこそ「肉と米」とか「炒めた麺」とか、そういうのをタイ語にしただけなので
味から名前推測できることもあります。(帰ってきてから知りました)

ここの飯は、個人的に一番好きでした!
おいしかった!!!

タンタルはまた辛いやつ頼んじゃったみたいですが、そこまで辛くなかったです!

ご飯が終わったら、ついにアユタヤー・エレファント・キャンプへ行きます!
86_convert_20120924175528.jpg

このころから、タイのおなじみの季節風モンスーンが来はじめて、雨が降り始めますwwww

なので写真は少なめですが、像に揺られて遺跡めぐりしましたw
90_convert_20120924175928.jpg

途中オレも、像使いが乗るポジションに乗せてもらったり、像と一緒に写真撮ったりしました!!!
楽しかったです!2000B以上かかる、豪勢な料金でしたが、最高の経験ですね!

あんまり長居すると、チップというカツアゲをくらいそうだったので、なるべく早めに退散!

スコールで、体がびしょ濡れだったので、一回タクシーでホテルに帰ることに!

タクシーの運転手が
「先に2000B払ってもらって、あとで6:30にもう一回来るから、その時はただで載せてあげるよ」
という、タイとは思えない最高の待遇。

6:30に、タクシーをエントランスで待っていると、違う人が来ました(ぇ

どうやら、仕事とかなんとかの関係で行けなくなったから委任したそうです。

ちょっと不安だったけど、料金は大丈夫だよと言われたので安心して乗車。

そして向かうはニューハーフショー!
MAMBOという有名どころです!
102_convert_20120924180754.jpg


かなりいっぱい写真撮ったけど、なんか暗くてはっきり見えないので
「こいつニューハーフかよまじかよ」って人が出てるとこだけピックアップします←

117_convert_20120924180959.jpg

135_convert_20120924181117.jpg

148_convert_20120924181241.jpg

152_convert_20120924181350.jpg

163_convert_20120924181521.jpg

ちなみに、途中で客を舞台に上げて共演!みたいな企画があったんですが
なぜかオレが舞台に行きました


5列目ぐらいっていう後ろにいたのに、指さされて指名されましたwwwwww
最高wwwwwwww

ニューハーフの人、みんな楽しかったですです!!

そんなこんなで、ニューハーフショーは終了!!


その後、サヤームパラゴンという、でっかいショッピングモール?みたいなところに行きました!
(無料のタクシーで)

夜ご飯でいったんですが、もうお店がだんだん閉まるところで、ぎりぎり入れた店で食べました!

168_convert_20120924182130.jpg


結構おしゃれwww
俺達が入っちゃいけなかったんじゃなかろうかwww


あ、近くに大戸屋とかありましたよ(笑)
167_convert_20120924182312.jpg

でっかいとこ行くと、ちょいちょい日本の飯屋が進出していますw
ただしスタッフはタイ人


あおこからホテルまでは歩いて帰れる距離なので、スパやマッサージの勧誘を断りながら帰宅。

疲れて寝てしまいましたとさ!

旅行

タイ旅行記1 「thailand上陸」

9/17、日本を出発したところから書いていきます!

まず、全員の荷物の違いが最高に面白いwww

26_convert_20120924101316.jpg

【小】タンタル(ワインレッド) 【中】オレ(黒) 【大】ナウ(水色) 【特大】シーサー(藍色)

お前ら目的地どこだよみたいな組み合わせですw

成田空港内部の様子

27_convert_20120924101848.jpg

なんだかいよいよという感じです!!


チケットを取得して、荷物を預けて、お昼ご飯!

ラスト日本食です!

28_convert_20120924102108.jpg

免税店うろうろして、17:40に飛行機搭乗!!

ここから約5時間の旅です!

飛行機内では本読んだり、図書館戦争の映画見たりで、するすると時間が過ぎました!
秋田-東京間より時間が短いという(ぁ


タイに到着!!!

1_convert_20120924102643.jpg


タイ語www全然wwwわからないwwwwww

スワンナプーム国際空港はとてもきれいです!

5_convert_20120924105116.jpg

空港に現地のはJTBに人が迎えに来てくれていて、バスでホテルまで案内してくれるとのことでした。

駐車場ですw
タクシーとかバスとかめっちゃカラフルですwwww

8_convert_20120924110628.jpg

そして到着したホテル「Bangkok Palace Hotel」です

11_convert_20120924110917.jpg


綺麗です!
やはり観光者向けなのか、日本人やほかの国の人が多く見受けられました。

部屋の中はこんな感じ!

12_convert_20120924111116.jpg


ナウがいる気がしますが残像です

その日は移動で疲れたので就寝。
かくして次の日へと力を蓄えるのです←


そして9/18 

朝ごはんはホテルのバイキングです!
14_convert_20120924111432.jpg


ホテルのボーイの人に「ワットポーへ行きたいんだけど」と伝えたところ、タクシーを派遣してくれました。

そのタクシーの運転手は「T」というあだ名がつきました。
Tが発音できないために、英語のキャッチボールができなかったからです←

運転手さんは
「ワットポーで一時間待った後に、フリーマーケットで3時間待って、ホテル送って1000バーツでどう?」
と、かなりお得なプランを提供してくれたんですが、自分の足で歩きたいといって却下
結局300バーツで、ワットポーまで送っていただきました!!

バーツ(B)→
タイの通貨。日本の感覚で言うと、1Bは100円玉みたいな感じだと思う。バーツの下にサタンという単位があるから。
1万円で3600~3700B。したがって、1Bは2.5~2.7円の互換。


そしてついにワット・ポーに入場!

15_convert_20120924112448.jpg


4人のテンションは格別に上昇していきます!!

雨季と聞いていたから天気が不安でしたが、安心の快晴!むしろ暑い!!

ここから写真は腐るほどあるんですが、基本Facebookに載せます

ワットポーや、その周辺は、首都だけあって、いわゆる王朝街です。
ワットポーは、バンコクで最大の最も古くからある寺院で、涅槃している仏陀がいるので涅槃寺とも言われます。

結構中国の文化とかが混入しているようで、ところどころキラキラした部分があります。

26_convert_20120924113345.jpg

そして、だいぶ歩いたところで、こんな看板が!
32_convert_20120924113535.jpg

これこそ涅槃仏ですね。recliningってwww

中にはこんな尋常ではなくでっかい仏陀が!!!
36_convert_20120924113753.jpg

お分かり頂けるだろうか・・・・
でかすぎて、どうやって作ったのか真摯に訊ねたいところです。

他にもいろいろ写真があるんですが、オレが個人的に気に入ってるショットだけにします←
29_convert_20120924114027.jpg

ちなみに、上の文字は後で入れたんですが、ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラームと書いてあります。
ワットポーの本名らしいです。wiki教授が教えてくれました


その後、フリーマーケットを、日本語・英語を駆使した巧みな勧誘にビビりながら潜り抜けます
52_convert_20120924115516.jpg

そして次は、バンコクの王宮にはいります!

王宮の中には【エメラルド寺院】ワットプラケーオという、王を守る神々のお寺があります。

65_convert_20120924120324.jpg

ワットプラケーオっていうのは、もともとエメラルド像が収められた場所を言って、4つくらい場所があるらしい。

現在は、ワット・プラシーラッタナサーサダーラーム(つまりここ)にあり、ワットプラケーオと呼ばれているそうです。

プラケーオの本尊はこの建物です。
54_convert_20120924120620.jpg

このなかにエメラルド像が収めらていました。
※寺の規則で写真は撮れませんでした。ってかでかすぎてどのみち写真とか忘れますわ(ぇ

そしてワットプラケーオのもう一つの名物!だとおもう!
57_convert_20120924121511.jpg
プラ・シー・ラタナー・チェーディー

アユタヤ―にある、ワット・プラ・シー・サンベートを模倣して作られたものだそうです。

金色で超綺麗!!!

プラケーオには金色の装飾が多く、このプラ・モンドップもその一つ!
63_convert_20120924123706.jpg
三蔵経(トリピタカ)とよばれる仏教経典を収めた塔堂で、入口に二人の護衛像があったので真似した←


さらにプラ・スワンナ・チェーディー
67_convert_20120924122058.jpg
ホントはもっと上まであってとがってます←

下で支えてる鬼みたいなやつは、ヤックとモックというそうです。(こいつらが主役の写真なんです)
ヤック→『ラーマキエン』に登場する魔王トサカンの配下の鬼。魔除け役
モック→インドで信仰されるハヌマーン(猿神)の別名


そして、もともとエメラルド像が収められるはずだったプラサート・プラ・テープ・ビドーン

69_convert_20120924122706.jpg


エメラルド像を収めるには小さすぎて、ラマ1世から8世までの国王の像が収められているようです。


他にもこんなでっかい壁画とかあったり
75_convert_20120924123245.jpg

かの有名な、アンコールワットのミニチュア模型があったりしました!
77_convert_20120924123510.jpg


それでは、プラケーオを出て、王宮からワットプラケーオを撮った写真で締めます
83_convert_20120924125131.jpg


さて、王宮を出た後は、我らが頭脳ナウの導きにより、カオサン通りという商店街へ

外観の写真撮るの忘れましたが、The Fabulousというお店でお昼ご飯

オレはこれを食べました
88_convert_20120924125801.jpg

料理の名前なんて忘れました(ぇ
こんな名前です。誰か解読してください
87_convert_20120924130111.jpg
100Bです。250円くらいかなw 安いwww

ナウやタンタルは辛い料理にしたらしく、ナウのスープにはいてた最高に辛い唐辛子みたいなので悶絶してました

ご飯を食べ終わって、RayBanのサングラス(笑)を250Bほどで購入w

そのころから、モンスーンの影響であんなに晴れていた空が急に曇り始めました。

そしてスコール到来
93_convert_20120924130714.jpg


傘を忘れたオレはびしょ濡れになりながら、みんなでタクシーを探す。
全然見つからず、30分くらいうろうろして、200Bでホテルまで乗せてくれと交渉。

このとき、まだタクシーのレートが理解できてなかったけど、本来100Bもかからない距離で200Bも払ったため
ハイテンションな運転手

なんかゲイっぽかったので「ゲイ」とタンタル達が名づけました

スパとかソープとか勧められましたw


とりあえず、ホテルに帰還。
帰るころには、ホテルの前こんなんでしたよ…


そのあとは、その辺うろうろしよーぜということで、タイの新宿『サヤームスクエア』へ向かうことになりました

途中、全然関係ないビルに入り、そこのフードコートみたいなところで少し食べてみることに

96_convert_20120924132130.jpg

これは多分カオ・マンガイです。
めっちゃうまかった!こういう料理待ってた感ある(ぇ

上の肉がカリカリだったから、カオ・トートかもしれません。
タイ語難しいです。

その後、タイに伊勢丹があったので、ISETANに入ることに!
伊勢丹というよりかは、centralworldってのに入ったんだけど

これがセントラルワールドです。
106_convert_20120924132536.jpg


上部階にフードコートのようなところがあったので、そこで本格的に食事!
103_convert_20120924132757.jpg

麺類が多いですね!
オレとシーサーとタンタルが麺類で、ナウが春巻きとか頼んでました!

タンタルはトムヤンクン系を頼んだみたいで、辛さに喘いでました()

オレも一口もらいましたが、辛かったですorz
俺にはくえねぇわ…


完食したら、すぐ横にあった食品売り場でお菓子とか買って帰宅。

疲れていたので、少しみんなで話して、寝てしまいました。

end

旅行

東京・横浜滞在記 2012/9/14-17

旅行記を書いていこうかな。
人物紹介とかちゃんとします。


2012/9/13

オレは、この日ギリギリに出来上がったパスポートを市役所まで取りに行き
準備を整えて夜行バスに乗った








次の朝、バスの中で早く目覚めてしまったオレは、暇つぶし用にもってきた
プラチナデータを読んでいました。

プラチナデータも読み終わってしまう頃には、新宿へ到着!

新宿では、以前の東京滞在でお世話になった、「チク」さんと「ドナ」さんに合流予定だったのですがAM8時

チクさん→
なぜかあだ名が乳首だからチクさん。女性。4つほど年上。自動車学校で知り合った。
ドナさん→
同じく自動車学校。当時の髪型が、マックのドナルドっぽいと、ドナルドや監督などとあだ名がつけられた。女性で4つ上。


さすがに早いのでメールだけして、一人で朝食!
1_convert_20120923202354.jpg

実際どこでもよかったんですが、店長さんらしき人が呼び込みしてて、かなり好印象だったので、入りたくなりました!

無駄にリッチ!
マックのが燃費いいわ(ぁ

ということで、新宿を一人でうろうろして途方に暮れたオレは、燃費の神様McDonald's へ

適当に食べながら、NO.6を読み漁っていると、11:30ごろにドナさんから連絡があり、下北沢で合流することに!

下北沢に1時くらいに合流してから、古着屋とか喫茶店とかうろうろして、5時くらいからチクさんと合流!

そして、毎週週末に下北沢でやっているという、お笑いのフリーショーを見に行きました!

すごい面白かったw
お笑い番組みたいに、バラエティーみたいな企画もあって、楽しかったww

また下北行く機会あれば行ってみようかなと思いました←


そのあと、夜ご飯のために、下北沢のビレバンキッチン?っていうところに行きました。

そこで、初めて串に刺さったハンバーガー食いました!感動した!
2_convert_20120923203434.jpg

アメリカンだね(ぇ


食べている内に、その日オレが宿にさせていただく宿主「タンタル」から連絡がありました。

いまどこいるのー?下北通るけどー?みたいな流れで、合流←

タンタルがご飯食べてなかったので、居酒屋で少し軽食。

タンタル→
イニシャルを元素記号読みした名前であり(Ta)、中学時代のブログで度々登場していた人物。
幼稚園からの幼馴染であり、ハンドボール仲間。お互いいろいろ知りすぎて、話すと化学反応が起きて
爆発するレベルの人。現在は東京の某私立M大学の1回生。


タンタルと会うのは2年ぶりぐらいで、とても話すことがあった。

その居酒屋を出たところで、女性二人とは別れ、タンタルのうちへ行くことに。

タンタルはLINEで、「今日は大丈夫」と伝えていてくれたので、安心して泊まろうとしていたのだが

タンタル「今日大学の友達いるけどOK?」
オレ「きいてねーけどOK(即答)」

ということで、タンタルのうちへ到着。

タンタル宅前には、すでにタンタルの友人トネが居て、向こうも向こうで「誰だこいつ」状態です(至極当然

トネ→
タンタルの大学の友人。車に興味が高く、とても愉快に話してくれる。


タンタルの家の掟に従って、トランプしたりシャワー借りたりしてるうちに、ブルーツさんも合流!

ブルーツ→
タンタルの大学の友人。バレーが好き。おとなしそうな気がしたけど、ハツラツ系男子


タンタル「ブルーツは無夢務の事崇拝してるから」

意 味 が 分 か ら な い w

どうやらタンタルはオレのことを大学で話したことがあるらしく、生ける伝説みたいになってたらしい。

飛んだ迷惑だわwww

その4人で談笑している内に、「明日海行くんだけど、お前もこればいいじゃん」みたいな流れになり

「でも、他に呼ぶやつ、特に女子とか嫌がりそうじゃない?」
「大丈夫だろ。最悪こいつM大生ってことにしとけば」
「9組とか知り合いいないしな。それでいこう」
「ゼミは入ってないってことで」

と、M大生9組の架空人物「田中じろう」が作り上げられました←

そして翌日。

トネはレディー達を迎えに、オレが寝た後に帰ってきたらしく、オレとブルーツとタンタルの3人で朝を迎えました。

時間を待っている間に、オザセがタンタルの家に到着。

オザセ→
タンタルの大学の友人。サッカーやってそうな感じで、結局サッカーやってた男。


オザセが来たときオレはまだ、覚醒して起床していないいわゆる二度寝状態だったわけですが
オザサ「ん?だれ?」
オレ「じろうです!」

と、偽名を堂々と語るオレ

それまでのいきさつを説明し、オザセは「タンタルの友達ならまぁ大丈夫だろ」と寛容な受け入れ。

そのころには、オレは「2時間一緒にいればM大生に同化できる」
というアビリティがあるという設定になってました←←

4人で、マックで朝マックして、タンタルの最寄駅で「サギ」に合流。

サギ→
詐欺師とかそういう負のイメージは皆無。M大女子大生。ハンドボール経験者。


はじめオレは話しかけず、「友達が少なく、今回初めて誘ったじろう」という設定を順守していた。

そのうち、一緒に行動してるオレに"誰こいつ感"が出てきたので、オレとトークし始めました。

軽く30分くらい、M大生として架空の人物を演じて、知らない大学の講義の話とか適当に合わせて
ぼろが出始めるころに、授業出てない廃人設定に切り替わり
しまいには「学校やめてーわまじでもう」というクソ廃人になりましたところで種明かし

それまでのクソ廃人オーラを一気に取り払い、普通に話したら「演技うまいね」とほめられました。

そんな才能要らないですやん(ぁ

そんなこんなで、江の島に到着!!!
6_convert_20120923215620.jpg

※雨が降りそうだったり、降ったり、いろいろ移動したりありましたが、めんどいので割愛

江の島は、まだまだ暑く、普通に海にも入れる環境でしたが、オレは水着を持っていないためビーチバレーだけの参戦!!

途中から、トネが連れてきた男一人と女三人も合流して楽しくバレーしてました

「オザセエエエェェェェェェそっちだあああ」
「くらええええええええ」
「むむむないすうううううううう」

みたいな、お前らいつ知り合ったかもう一度言ってみろみたいな仲良さでした。

一通り遊びおわったあと、おいしいかき氷があるといい、そこへ行くことへ

そのかき氷がこれ!

11_convert_20120923231947.jpg


めっちゃボリュームあるww

結構値段がするけど、めっちゃおいしかった!!
※でかすぎて一口食う時にこぼしたのは秘密です

その後、M大生に人と解散して、タンタルのうちへ舞い戻ることに!

帰って何分かしたら、シーサーが合流。

シーサー→
中学時代の友人。よく沖縄に家族旅行するためか、実家にシーサーがいっぱい飾ってある。
ちょいちょい冗談挟んできて引火していくタイプ。現在は滋賀県在住の大学2年。


その日は3人で麻婆豆腐とかを食べて、就寝。



次の日、9/16

この日は、さらにナウも合流して、タイに行く面子4人で東京横浜をうろうろすることに

ナウ→
横浜の国公立に在学する、我らが頭脳。中学時代の友達で、「~~なう」とかいう文化が
できる前に名付けたから、「~~なう」が口癖とかいうわけではない。陸上やってて、足も速い。


とりあえず、お昼に集合したので、お昼ご飯を食べるために新大久保へ

新大久保に行って「ここ日本じゃねぇ」と叫んでいたオレは、きっと田舎者です

入った店は「とんちゃん」
有名らしいが、グルメに全く関心がないオレは、初耳。

16_convert_20120923233927.jpg


かなりおいしくて、あっという間に完食!
脂っこかったけど、いいスタミナになりました!

そのあとは、田舎者のオレに東京の名所というか、都市というか
原宿やその他もろもろの地区を歩き回り、始終キョロキョロしっぱなしのオレでした

途中でどっかから電車に乗り、横浜の方へ移動。

横浜はナウの庭らしいので、ナウに案内され散策。

夜ご飯にこの店に入りました。

23_convert_20120923234802.jpg


結構有名らしい。
そういえば江の島でもみた、というのを思い出して、やっぱり有名なんだなという感じ。

gfdzgb.jpg
※ブログでは顔出ししてませんが、Facebookでタグ付けするから、本名しってる人はそっちで

オレが食べたのは、日替わりオムライスみたいなやつで、チーズとか上手に入れてあって、とてもおいしかった。

ちなみに奥の二人は、ホットケーキに「盛ること山の如し」なホイップクリームが盛ってあるもので
最後の方はひーひー言いながら食ってました。

間違いなく一人用じゃねぇよwww

おいしくいただいた後は、中華街を歩いて帰宅。

「ここは日本じゃない」と再び言っていたオレは、やはり田舎ry

とりあえずみんな解散し、オレとシーサーとタンタルはタンタルのうちに荷物を取りに行き、再びナウの家に再集合。

そのとき、ナウの家の最寄駅で、ガクトさんにあってびっくりしましたwww

ガクトさん→
自動車学校で知り合った人。頭がよくて、自分磨きに磨きがかかってる人。
服装がいつもきまっているから、まわりからガクトと言われ始めてガクトさん←


そして、ナウの家で4人川の字+1で寝て、タイへと旅立つ準備を整えるのでした!

end

日常

秋田に帰還

旅行から帰ってきました。無夢務です。

昨日のバスで、東京から帰ってきたのですが、7時くらいに東京駅にいったら
なんか東京駅の修繕工事見たいのが完了したイベントみたいなの見るための
人だかりが出来ていて、見事に巻き込まれました(ぇ

参照

http://journal.mycom.co.jp/news/2012/09/22/021/index.html



綺麗でした!巻き込まれてよかった!


ただ、どうせならこっち側にも巻き込まれればよかった…
帰ってきて今日初めて知ったのです…くそう…

image.jpg

http://www.effexpo.com/


まぁ、そんなこんなで、昨日の10時に夜行バスに乗り込み、今日の朝、秋田に無事到着できました!

そして、帰ってきて一服したら、すぐにTOEICの試験会場「国際教養大学」へ…

道が不安だったからナビに従ったら、なんか高速料金とられたから、帰りは高速を外していこうとしたら

見事に道に迷いました。

カーナビと地図と格闘しながら、1時間は秋田市はずれの森の中をうろうろしてましたorz

まだまだ秋田県民には程遠いな



東京・横浜・タイの旅行記は、また順番に書いていこうと思います。

他の用事もあるので更新はまちまちになると思いますが、ご容赦下され。

Facebookで先行して画像だけうpるかもしれないです!

では、とりあえず

一言日記

一言日記 2012/9/17

今日、日本を発ちます。

また帰ってきたら全力更新するぜ!
いってきます(・ω・´)

日常

ダヴィンチコード

最近DVDを見ました!
懐かしのダヴィンチコード!

家に単行本があるんですが、読む気も起きず放置していたのです←

さて、ダヴィンチコードですが、もういろいろと逆転劇で、面白かったです!

結末的には、まぁ最初から予想していましたが、そこまでの道のりが面白い!

まだまだ謎がいっぱいあるみたいですが、キリスト教に明るくないオレは、まぁそこまで興味もないかな!(ぁ

小説の方読んだらもっとくっきりするのかもしれませんねww


さて、明日から旅行に行きます

東京・横浜に3日滞在して、そこから5日ほどタイに!

海外旅行とかスーパー楽しみやで!
飛行機やっほい!

あ、それで、関東滞在中とか、移動時間とか、結構暇になると思うんですよ!

だから、面白い本とかおすすめあったら教えてください!

プラチナデータすぐ終わる予感なので!


帰ってきて23日にTOEICとかwww
これはもうTOEICの点数は期待しない方がいいかなorz


ランキング宣伝
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


それでは!

無夢務工房

VALVE DRIVE

オーバードライブ作りました!無夢務です!

今回この本を参考にしました!安定の(ぇ


ド素人のためのオリジナル・エフェクター製作【増補改訂版】 (シンコー・ミュージックMOOK)ド素人のためのオリジナル・エフェクター製作【増補改訂版】 (シンコー・ミュージックMOOK)
(2011/10/29)
遠藤 智義

商品詳細を見る


まず、個人的にかっこいい配置にレイアウトをし直します!
無駄に基盤にこだわります!

PAP_0012_convert_20120912000922.jpg
抵抗を並列にきれいに配置したがるんです←

そして、まず箱を完成させます。

今回はアクリルパネルに絵を挟むのにチャレンジしてみます。

vd2_convert_20120912001613.jpg

hummer_compでも同じように穴あけしましたが、アクリル板と絵と箱をマスキングでミイラにして穴をあけています。

そして、箱本体を磨く!

vd3_convert_20120912001751.jpg
金属光沢!


さて、箱の準備ができたので、塗装をしながら基盤を作成していきます。

vd4_convert_20120912001957.jpg



部品は赤で統一したかったですが、コンデンサの赤が見つからんかったorz

仕方ないのでnichiconの金色で!
オレンジ色のセラミックも1つありますね

いろいろと苦労して基盤完成!!

vd5_convert_20120912002127.jpg


真っ赤wwww

オペアンプの下に抵抗が二つ走っていたり、中途半端な位置から配線を引っ張ってきたりでてんやわんやです。

よくこんなの作ろうとしたよなー…

裏はこんな感じです

vd6_convert_20120912002232.jpg

右上の方とかかなり込み合ってます←

同時進行で箱の塗装も乾きます。

下塗りで赤色に!(赤色2回目の塗装が乾いた段階です)

vd8_convert_20120912002522.jpg


それにマスキングでいろいろ覆った後、黒を塗ります。

vd9_convert_20120912002608.jpg


また塗装が乾くまで、次はクリッピングなど、スイッチングするための基盤を作ります。

vd7_convert_20120912002415.jpg

ピンがすぐ落ちるため、ずっとマスキングで仮止めして作業!

ダイオード類はいれ換えれるように工夫しました!


塗装が乾きました!
vd10_convert_20120912002909.jpg


真中が赤いのは、まぁ絵で覆うからそんな感じです(ぇ

それに絵を当てがって、パーツをねじ代わりに装着すると、こうなります!
vd11_convert_20120912003108.jpg

まぁ、とりあえずはいいんじゃないかな?
絵は差し換えようと思えば差し換えれるので、またなんか気に入った絵があれば変えます(ぇ

中はこんな感じ。
vd12_convert_20120912003235.jpg


今回は箱がでかいので、結構広々設計です!

LEDをグルーガンで固定して、基盤に配線を施します!

vd13_convert_20120912003350.jpg


配線材も全部赤www
オリジナルのエフェクターだったらRED_DRIVEとかいう名前にしそうな勢い。

箱に、配線したポッドをはめて、切り替えスイッチ付近も配線します。

vd14_convert_20120912003503.jpg


クリッピングはそのままの配線
意外とシビアだったので焦りましたww

スイッチ・ジャック周りも配線をつないでいきます。

vd15_convert_20120912003757.jpg


LEDの足配線をするために、手術みたいに足を付け足しましたw

完成!!(・ω・´)
vd16_convert_20120912003909.jpg



今回は音のサンプルも載せてみた!
へたくそですがww

ヘッドフォン推奨…かな?

たぶんスピーカーだとわからないぐらいかもしれません。

①アンプのGainだけ上げたクリーン
②VALVE_DRIVEダイオードクリッピング
③VALVE_DRIVE LEDクリッピング

です。Jetです。



でわでわ!

無夢務工房

PSP改造したかった

ちょっと時間ないんで、またバイト帰ってきてからこの記事に更新します。
わこつ状態ですね。まだ放送してないてきな!

じゃあバイト行くわ!はやくタイ行きたい!


かえってきました!むむむです!


さて、オレのPSP1000は、3Dスティックがぼろぼろで、モンハンやFFなどのゲームはできなくなってしまいました!

音ゲーくらいなら全然できるんですが、もう産廃に近いので、いっそのこと改造に挑戦してみよう!と思ったわけです!

今回挑戦したのは「LRボタン音連動LED化」です!

これが改造対象のPSPです!

PSP1_convert_20120911021743.jpg


ご覧のとおり3Dスティックは無残な姿ですorz

他も結構ガタが来てて、画面とかたまにみえなくなります。


まず、はがしてはいけないシールをはがしてしまいます!


これで、もう正規修理ができなくなりました!SONYさんサーセン!

PSP2_convert_20120911022609.jpg

ねじを外します

PSP3_convert_20120911022755.jpg


そして、上のカバーを外すと、こうなってました!

PSP4_convert_20120911022903.jpg

なんこれ!緑色の基盤が!うは!


そんな感じでテンションあげながら、STRATボタンとかがついている部分を外し、画面を外します!

PSP5_convert_20120911023030.jpg


中には更なる未知の領域と鉄板が!!!めんどくさそう!

ねじというねじを外していき、さらに分解(・ω・´)

ついに現代機器みたいな部分が露見しました!

PSP6_convert_20120911023140.jpg

画像で「ここ」と書いている部分に、スピーカーが埋まっています!

この段階でようやく取り出せるので、ほじりだします!
結構小さいです!
PSP7_convert_20120911023339.jpg


一緒に写ってるのは、PSP用のMemoryStickDuoです!

次に、このスピーカにつなぐチップLEDに、配線を施します!

チップLED↓
PSP8_convert_20120911023555.jpg

むっちゃ小さいです!

最初はできる気がしませんでしたが、なんとか接着…(・ω・`)

PSP9_convert_20120911023833.jpg

なんかLED溶かしてそうで怖い勢いでした←

それをスピーカの電極に取り付けて、LRのボタンのところへ配線!

PSP10_convert_20120911023952.jpg

結構太い線材使っちゃったかなー。と今では思います。

正直これ以上細かったらもう扱いたくないです、ええ(ぁ

そして結果→失敗

LボタンRボタンを、少し削ったりした方がよかったかもです…

そこまで気が回らなかった…orz

一応、中でLEDが光って入るんですが、見て取れるほどの輝きがないので写真を撮りませんでした(撮れよ

そんなこんなで、もうねじ穴つぶれたやつあるし、もう一回解体すんのめんどくさいから、失敗は失敗としてこのまま置いときます!

まぁ、チップLED使ってみたかったし、それで良しとするか!

そんな感じ!!それではねるわ!もう3時やんか!

本レビュー

おおかみこどもの雨と雪


おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)
(2012/06/22)
細田 守

商品詳細を見る


話題作だったので、さくっと読みました!

ええ話やったで…ほんまに…

少し泣かされました(;ω;`)ウルウル


子を思う母の姿っていうか、そういうのがありありと伝わってきてよかったです!

会話もリアリティがあって、読みやすいです(・ω・´)


※ここからネタバレ↓

ネタバレになるんですが、自立して離れていくのを誇らしぐ思いながら、同時に寂しい
そういう気持ちが心を打つんだと思います。

1Q84を読んだ後だったからかもしれませんが、もうちょっとそういうところの情景描写があると
よりリアルだった気がします!

まぁ、そこは映画見ろって話ですね、すいません(ぇ

逆に、細かく書かれていない分、花(母親)が年を重ねるにつれ母親の顔へとなっていくその変化が
とても自然に感じられて、「文学だから」という高い敷居がなかったように思います。

そういうところは、映画の経験かもしれませんね。
読みやすいです。


いま同時進行で「モダンタイムズ」(井坂幸太郎 著)を読んでいます。

また読み終わったらレビューするわいな!(`ω´ )

本レビュー

1Q84

1Q84読み終わりました!

1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)
(2012/03/28)
村上 春樹

商品詳細を見る


結構長かったなー

不思議な世界のお話です。

オレが好きな、最後の最後で大逆転!とか、その発想はなかった!とか、
そういう展開ではありませんでした。

けど、ありえないような世界のファンタジー的小説なのに、まるで歴史を
語っているかのように、鮮明にイメージできました。

出てくる人物が、人間味に帯びていたり、内心の描写が何も隠さずさらけ出されているからかもしれません。

村上春樹の本は初めてだったので、読み始めはくどいなーと思っていましたが
今思い返すと、あのくどさあっての描写だったと思います。

物語の進みは、早くも遅くもなくちょうどよかったです。

伏線などもしっかり貼ってあって、
「あ、これこうなってきたらやばいなぁ」というような状況が、いろんな人の視点から追われていて
真実が克明になっていく感じが楽しかったですね!

あまりしゃべると読んでる途中の人いたらいやなんで、これくらいで!


さて、部品注文したしなー!
土曜日に届くでええええ!!

あ、ブログ読んでる人、なんかコメントしていってよ!(ぇ

たまにはランキングの宣伝もしてみる↓

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


押して戻ってくるだけ!
まぁ今更ランキングが上がったところでry

ではまた

日常

車のFMトランスミッターきたで!!

トランスミッターきたあああ!

car3_convert_20120906005814.jpg

これって製品名隠れたほうがいいんかな?

まぁ、大丈夫だと思うけど←


左側は、シガーソケット増設の奴です。


まず、音が出るか確認してみた!

car2_convert_20120906010111.jpg
※夜なので携帯でとったらぶれました

結果、音はなかなかの高品質でした!

最初ノイズっていうか音が割れてたんですけど、ウォークマンの設定と
車についてるカーオーディオのサラウンドの関係でした。

少しいじったらすぐに改善しました!

ちょっとそこまでドライブしてきたんですけど、今のところ問題なしです。


さて、次は考えていた配置で、シガーソケットにつけてみました

car1_convert_20120906010439.jpg

運転者側のスイッチで、ソケットのON/OFFできるんです!

位置的にも、見栄え的にも、まぁOKかなーと思ったんですけど
ソケットがすぐ落ちます

FMトランスミッターの重さに耐えられないんですね。わかります。

しばらく位置変えてみたりしたんですが、結局今は、ノブの奥の小物入れの上段をオープンして入れてます。

曲聴ければいいんです


ってことで、簡単なレビューでしたー!

日常

カボスジュース

さて、冷蔵庫に余っているカボス消費回です!

このたびは「のどかわいたねぇ」ってことで、ジュースにしました!


まず、この前存分に愛でたカボスを一刀両断します

kaboj1_convert_20120903181529.jpg

それを、例によって搾ります!

kaboj3.jpg

そして濾過します!

kaboj4_convert_20120903181907.jpg


これまではもうなんていうか、通過儀礼的なものですね←


そしたら、目分量で「甘くなるもの」を入れます。

kaboj5_convert_20120903182202.jpg


シュガーシロップ(※賞味期限切れ)とかはちみつ(※賞味期限切れ)です。

そしてかきまぜ、水を入れ、氷を入れ、またかき混ぜて

出来上がり!

kaboj6_convert_20120903182324.jpg
(人影が見えますが、心霊写真ではありませんよ)


さっぱりして、熱帯夜には欠かせないものだったと思います!

適度な酸っぱさっていいですね!


また、もし作れれば作りたいかなーって感じです!

それでは!

日常

Nikon D100

オレのお下がりというべきか、親からもらったカメラを紹介しましょう!

Nikon D100
camera_convert_20120902224741.jpg


amazonで調べてもHITしないとこあたり、最新鋭でないことはわかります!

まぁでも、カメラって最新鋭とか関係ないよね←

最近ブログに改めてきてくれたはねちゃんがカメラの趣味があるようなので、
学ばせてもらっています(・ω・´)

また時間があるときにでも、夕日とか撮りに行きたいなああ

カメラで本格的にいろいろ撮り始めたら、そういうコーナーというかカテゴリ儲け設けたいです。


amazonで、車のシガーソケット増設とWALKMAN用のFMトランスミッター買いました

FMトランスミッターは、地味に高いやつにしちゃったけど、レビューとかいろいろ下調べして
まぁこれかなって思ったので!

ホントはオーディオを付け替えてAUX端子に差し込んで、
欲をいうなればヘッドフォンアンプとか通したいとか考えていたオレからすれば
すこし高いFMTトランスミッターなんて、妥協も甚だしい限りです(ぁ

日常

昨日のごはーん

昨日は、カボス消費と、前回作ったカボス醤油を使って料理しました!

まず作るのは野菜炒め!

ryori1_convert_20120901180010.jpg


人参、アスパラ、玉ねぎをオリーブオイルで炒めます。

オリーブオイルを使った理由は気分です(・ω・!)

少し野菜いためたら肉も追加します。

下味として、塩コショウとウェイパーを入れてみます。

ウェイパーを入れたのは味とかこだわりではなく癖です

中火で5分ほど火を通したら、ふた代わりに右上のざるいっぱいのホウレンソウを被せます。

これで、蒸す感じになって日が中まで通ります。たぶん。

最後に自家製「カボス醤油」を大匙3~4ほど入れて、汁があるうちに皿に移します。


もう一品、スーパーで売ってたさんまの切り身を適当に焼き、カボスを添えます。

ryori2_convert_20120901180619.jpg

オレは見た目の綺麗さとかに気を配れるほどのお洒落男子じゃないので、
おいしそうでしょう?とか言えないけどさっぱりしてかなりおいしかったです!

カボスいいね!


カボス醤油をもう一度作ってもいいかもなあ…

ちなみにこの料理と同時進行で、処理できなかった卵をゆで卵にして、刻んで、タルタルソースにしました!

写真あげるほどじゃないですがw



そういえばテンプレ変えました!
9月だしね!

なんか、TOP画を自分で設定するタイプのもので、今の画像は仮です

変えるかもしれないし、変えないかもしれないし。

テンプレ自体はしばらくこれで行こうとおもいます。

該当の記事は見つかりませんでした。