MuMu rooMu Blog

むむっとなる情報を!
MENU
日常

さっきのできごと

twitterより

マイクロSD折れたあああああああああああああああああああああああああああああうわあああああああああああああああ

押し込むときに折れるとかどういうことなの・・・

ってか携帯の電池パックのところのちょっとしたスペースにマイクロSDを入れさせるのが間違ってるよ。そりゃ入りづらいわ。

あー、画像は全部PCにあるけど、ムービーが消えたわ…いろいろ思い出あったのになぁ

心の中で100回思い出反芻して、アナログ的に記憶しなおすわ。


ってことで、無夢務ですどーも。

ムービーは、オレがバク中してた時代の、友達とのコラボムービーとか
友達の文化祭シーズンの一発芸とか、つやの一発芸とか
ちょっとした面白ムービーとかオレのギター練習してたムービーとか
それこそいろいろありました。全部覚えてるからいいけど←

画像を定期的にパソコンに入れててよかったです。

最後に取り出した写真。

kendai_aki5_convert_20121030182903.jpg


携帯でも、なかなかいい写真撮れるわw

スポンサーサイト
旅行

山形りょこう!

昨日行った山形旅行の旅行記をあとで更新します。


この記事のところでいう昨日、山形に旅行いってきたぜ!!!

実際は、Z(交際中)の車が、MOVEからFITに代わるという、その車の乗り換えに付き合ったんだけど←


その日は幸いいい天気で、秋晴れ!って感じでした

前後の日がかなり天気が悪かったので、神の施しとしか言いようがな(ry

まず、秋田県の仁賀保周辺の海です!
PAP_0085_convert_20121030173030.jpg



むっちゃきれいやった!

釣りしてるおっさんおって、なんかいいなーってん和んだ(ぁ

こんな晴れ晴れな中ドライブして山形まで!


途中、山形最上郡の戸沢のあたりにある、白糸の滝で休憩!

川上の方から、舟下りが来ているのが分かります!

PAP_0075_convert_20121030173347.jpg

車の窓から取った、山肌の写真です。

携帯なのでかなりぶれてます←

PAP_0072_convert_20121030173633.jpg

しばらく山道をはしって、その後県道を抜け、河北町に突入!
Zの自宅へお邪魔しました←

ちょっと芋煮とか食いながら、いろいろお話して、車を乗り換えるために車屋?に!

荷物の出し入れとか手伝って、その後華北の冷たい肉そば食いに行きました!

PAP_0071_convert_20121030173841.jpg

そのあと、Zの母校の高校の近くに行きました。

紅葉が始まって間もない感じですが、コントラストがいい感じです。
もう2、3日したら真っ赤になるのかなー…って思いながら哀愁に浸りました(ぁ
PAP_0070_convert_20121030174323.jpg

その後は、チェリーランドというところにいって(山形はさくらんぼで盛んです)
Zの友達へのお土産を見繕いに行きました。

そこには、絶対はずれはないから!というアイスがあり、食べてきました!!
PAP_0067_convert_20121030175041.jpg


オレが左で『さくらんぼ×抹茶』 Zが右で『イチジク×枝豆』です

枝豆wwwwwどういうことwwwwww
ともったら、枝豆の味がそのままアイスクリームに変換されてました…

オレの食べたやつもおいしくて、はずれがないといわれたのがよくわかりましたw

そのチェリーランドに、「今は広場のコスモスが満開!見時だぜベイベー」って書いてあったので
(本当はもっとしっとり書いてありました)
見に行きました!

PAP_0064_convert_20121030175514.jpg

飛行機雲あったから、なんかそれっぽく撮っといた!

このとき一眼レフを手にもっていなかったことが悔やまれる・・・!!!

しかし綺麗ですね!感動です!


そのあと、トルコ館があったので、足を運びました。

どうやら、さくらんぼの原産地はトルコらしく、山形はさくらんぼ経由でトルコに縁があるようです。
そこでは、トルコ人の店員が居て、いろいろ売ってました。

適当に物を買って、山形のお土産も買って、Zの家から野菜とか野菜とかもらって、帰路に着きました。

帰りに、東根のあたりで、ビックラーメンというお店のラーメンを食べました!

PAP_0061_convert_20121030180040.jpg


うんまかったあああ!
この写真じゃわかりづらいけど、結構器がでかいんですw

帰りは、その日に開通した日本海自動車道?みたいなところを通って帰ってきました!

いやー、紅葉のシーズンはドライブに限りますね!

もし紅葉時期中に、どこかいけそうならまた行きたい!

追記で、一眼レフを使ってみたコーナーです!!

真面目ネタ

海外っていう話

UNIQLOのバイト面接行ってきました。

クリスマス・正月は実家帰りしないと宣言してきましたので、
身内にもしものことがない限り、成人式まで愛知にはいきません。

さて、今日ではないですが、最近夏休み中に海外研修に行ってきた人たちの報告会に行きました。

まず上海組は、夏休みの9月中旬ごろ、つまり日中関係が最悪でデモとかおきまくっている時期に上海に滞在したそうです。

上海の学校では、そんな気配が微塵も感じられないほど、みんなが親身にしてくれたということでした。

現地の人たちの話によると、ざっくりと
「中国国民の一部がデモを起こしているだけ。
 ほんとは日本が好きな人いっぱいいるし、私たちはデモに対して疑問を抱く。」

という感じらしいです。

オレは、自分の目で見てない現場をニュースで見ても、それをあまり親身に考えないし
結局この話も人に聞いた話なんだけど、マスコミよりも信憑性あった。

いとこが中国で働いているから、オレは中国に対して全然反感や不満はないんだけど、
いつか上海に行きたいなって思ってても、日本政府がダメって言ったらいやだし、もんもんです。

上海組の主な滞在先は「上海理工大学」で、とても広く、いろんな国の人を留学生として受け入れているそうです。

その影響もあるのか、上海理工にいた人たちが、その大学から帰ってきて、日本人との勉学に対する意識の違いに焦った、と言っていた。
でも、それは自分自身のモチベーションの違いなんじゃないかなって思った。

よく東京を中継でまたぐオレなんだけど、八重洲口のスタバにいたときとか、オレが朝早く7時くらいについて
朝一のスタバにいたのに、学校行く前ですみたいな学生っぽい女の人が、オレが読めない言語の参考書とミニ六法とかの本読んでて絶句したよ。

オレは、そんな高みを目指してないし、つけるスキルが違うと思ったけど、日本でもやる気あるやつらはやる気があるわけで、
上海に行った人たちが、「日本人より中国人が頑張ってる」て言い切ってしまったような感じに、驚いた。

そして同時に思ったのが、世界を知る前に、日本を知ろう。ってことです。

まぁ、中国の受験戦争はマジで戦争だし、大学行ってるやつらは国民の中でも選りすぐりなわけだから(人口比率的に)なんとなくやばい気がするのもわかる気がする。

中国のいけないところは、その受験戦争に敗れた国民の面倒を見きれないという点だとも思う。

あの領土のあの人口で、今の発展速度に追いつける中国人って、ホントに5割もいないと思うんだよね。
いつかの新聞で、所得の偏りがアメリカよりも顕著だった気がするし。
それに比べて、日本はそれなりに小さい国だから、ある程度差が出てもカバーしあえてるとは思うんだ。

逆に日本が「大学に入るなら、まぁ、英語しゃべれて当然だよね」「大学生だろ、2か国語くらいマスターしろよ」
くらいのレベルの高さになってくると、みんな必死に勉強するよね。
ましてや、雇用減少の今、必死にならざるを得ないよね。

ってのを思い出すと、急に勉強し始めるのがオレです。中途半端ですね、はいw

まぁ、言いたいことは要するに、
中国人が頑張ってるのは、学生としてまぁごくあり得る話で、海外で初めてそういうモチベが上がっちゃうってのは、よくないことですね。
ってことです。

フリータイムというか、観光の話を聞いて、シータン?にはいきたいなって思いました!
上海博物館とかも行きたい!三国志とか日本に関連ある歴史の資料があるなら見たい。

さて、もう一つのグループが、アメリカのオレゴン州のグループ。

オレゴンはアメリカ西海岸で田舎です。

そんな田舎なので、日本で言う秋田みたいらしいです。

留学なので、機械がやべぇとか、作物の研究やべぇとか、そういうのは割愛して
「田舎であり、民族文化もあるのに観光地として成り立っている」という部分にフォーカスした方が居ました。

そこでは、サタデーマーケットという、週末に市場を開いて賑わせたり、民族文化を尊重し、
それを効果的にアピールすることで、観光地として賑わっているということです。

秋田でも、同じような取り組みをすれば、観光地として頑張れるんじゃないか!という発想がありました。
素晴らしいことです。オレも自分なりに考えちゃったよ。

まぁそんな感じ。


総じて、みんな英語力がなくてやばいといっていました。
そうですね、やばいです。

英語しゃべれるようになりたいなーなオレです。
なんか書くのつかれたから、英語の勉強しますってことで、さようならー!(適当

部活

ハンドボールの市民大会

疲れました。無夢務です。

昨日、今日は、秋田大学のキャンパスから道路を挟んだ体育館で
横で秋田大学の学祭がやっているというのに
大会していました。

そして今日は、全身筋肉痛でもげそうです←

総じて、今回の大会は、、日ごろの運動不足が大きく影響したんだなって感じです。

一回戦は高校生とで、オレはずっとサイドであんぱいでした(ぇ

その次が大学生だったんですが、1-5ディフェンスのトップやってセンターやったら死にました

オレは…サイドプレーヤーなのにっ…!

って感じです。(ぁ

でも、いくつかしっくりきたプレーあって、これから練習で、少し動き方とかシュートのコースとか気にしたい。

一日目は、オヤジとグーフィが応援っていうか覗きに来てくれました!

オヤジ水あざーす!

そんなこんなで、今日が二日目で、もう心身ともに疲れていてなんか体動きませんでした。

マンツー着かれたし、暇で暇で(ぇ

一人、うまいやついたので、うん。

次練習試合やるっぽいので、楽しみです。


そんな感じで、やっぱりサイドプレーヤーなオレでした←

勉強

混濁箪笥

なんとなく勉強カテゴリに入れてみたw

というわけで、無夢務です。


今日、学校で電子情報実験の報告書を書いてたら、コンダクタンスを求める作業があったんだけど
その時、コンダクタンスって打ったら「混濁箪笥」って変換してwwww

ちょっと笑ってしまったよねwwwww

その勢いで、横にいた友達とふざけてFBにこんな写真アップしちゃった←
175758_358569447569540_1079291406_o.jpg

混 濁 箪 笥

はい、それだけです。

個人的に、この実験系、抵抗やらトランジスタやらダイオードやらの静特性やら出力特性やら
いっぱいはからせてもらえるからすっげー楽しい←


そういえば、3年生の研究室の配属が決まったそうです。

やっぱり、あれですよね、来年俺たちが研究室に入る際も、
先輩とか周りの人間って大事だと思うわけで、行きたい研究室の先輩のメンツ聴いたんだけど
あんま知ってる人おらへんわorz

来年度の研究室選び、なんかどうしよかなー(´・ω・`)

そんな感じです。

今週はハンドボールの大会でっす!
ちょっと体調調整しなきゃね。

本レビュー

モダンタイムス

最近は寒いですね。むむむです。

さて、今日はモダンタイムスという本を読んだのでレビューします!
久しぶりに伊坂です。

モダンタイムス (Morning NOVELS)モダンタイムス (Morning NOVELS)
(2008/10/15)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


最初っからネタバレ注意

オレは、全くの理系とまでは言わないけど、どちらかといえば理系なんで
文学的要素がどうとかわかりませんが、過去の偉人や探検家の名言などが織り交ざって
効果的に物語を盛り上げていることが文学的だとするならば、とても文学的な小説だったと思います。

最近はそういうことを意識するようになって、たとえばNo.6だとかに出てくる古典はある程度調べたりして
物語を読んでいます。

そういう習慣がついてくると、昔読んだ本をもう一度読み返したいですね←

それは置いといて、たとえば作中に出てくるチャップリンのライムライトでのセリフ
「人生を楽しむには、勇気と想像力とちょっぴりのお金があればいい」
という言葉は、その場面というよりも、モダンタイムスに出てくる登場人物
全員をまとめたような言葉である気がして、とても印象に残っています。

逆説的に、この言葉を小さく分けて現実味を持たせてくれる小説だったと、感じたということです。

そういう意味で、タイトルにもなった、映画「モダンタイムス」は、俺はまだ見てないんだけど
タイトルにするのにふさわしいものだと思いました。
それが、たとえば映画が関係なく「現代」とかいう意味だとしても、いいタイトルです。

最近、プラチナデータ、No.6(文庫派なのでまだ途中)、モダンタイムスの順番で読んでるんだけど
全部「近代社会を風刺したような作品」なわけで、考えさせられます。

それは、オレが理系として、将来研究者や技術者になりうるかもしれないという部分もあるからかもだけど
「情報によって統合されたうえ、情報操作で虚偽なものが作られている」という本質が似ています。

そして、このあたりの小説が流行るとこあたり、やっぱり情報社会は懸念されているんですね。

後半、「そうなっているんだ」という、社会的システムの話でもちきりですが、確かにそうかもしれません
国が、国家が、というものではなくて、人間とか世界は、そうなってしまったものの上で踊ることが大事なのだと思います。
この小説では触れてませんが、
「なぜ動物は繁栄するの?どうして繁栄するように、発情するようになってるの?」と聞かれれば
「そうなっているから」です。
もしくは「それが本能だから」です。

人間が、それを理性でごまかして、知能で理由をつけていますが、やはり最後に本能が現れた時
それは実行されてしまい、実行された時点で仕方ないことなのでしょう。

それでも、オレはその仕方ない部分を、どこかで知ることになっても、楽観したいです。

「楽観とは、真の精神的勇気だ」とシャクルトンが言っているそうですが、そういう要素が少なからず
必要になってくるのかもしれませんね。

勇気はあるか?という台詞が、この小説のサブタイトルになってもいいんじゃないかというくらい多用されます。
どんな勇気かは、場面場面で変わってくるんですが、主人公の最後の台詞は面白かったです。
それは、読んだ人は大体そう思ってるんじゃないかと思います。

そして、伊坂ワールドならではの、他の作品の人物が登場するところも楽しかったです。

犬養のフルネームわかったりとか、安藤一族のその後などもわかり、少しうれしいです。
途中で、風圧とか圧力とかいろんなことしてくる能力者「緒方」がいたんですが、そいつは
ドゥーチェのマスターだったんじゃないかと思います。
でも立ってたから、ほんとかどうかは謎です。

魔王の漫画を描いた大須賀めぐみさんに、ぜひモダンタイムスも手掛けてほしものです。


ちょっといろいろ忘れてるから、伊坂作品を読み返そうかなー
物語の筋をくっきり覚えているものもあれば、覚えていないものもあるし、
時間があったら読みたいです。

よし、部活いくー!

未分類

リストアップ系記事

たまにやる、オレが詰みかけている時に現れる記事です。

お金の配分や、やらなくてはいけないことをよく忘れるオレなので
学祭(10/7)まで、忘備録を残していきます。
オレのクラウド忘備録がblogになるという謎仕様。
見守ってやってください←

最新更新日(10/7)

やること
・学祭の準備
スライドショー作る
100均に買い物行く
ものを取りに行く
印刷物を頑張る
書類作る さらにつくる!
・髪切りたい
スライドを自然なムービーにする。
ディジタル電子回路の課題(ブール代数) 
電磁気学Ⅱの課題提出
・電子情報実験の事前報告書
・TOEICの申し込み(?)



ほしいもの(買うもの)
・バイト用の靴
・おにゅーメガネ
・スノボーの板
・ギターのピックアップ
ダーツケース



随時更新します。

該当の記事は見つかりませんでした。