MuMu rooMu

むむっとなる情報を!
MENU
無夢務工房

DISTORTION

工房回です。

前回、サムネで画像を上げる戦法に出ましたが
なんかオレがしっくりこなかったので、やっぱりジャストサイズ的な
方法にしていこうと思います。


さて、今回はDISTORTIONです

最初は、箱がなかった関係でタッパエフェクターになる予定だったものです。


まず基盤を作ります。

結構シンプルなので、すぐにできました!

PAP_0241_convert_20120814170145.jpg


こんな感じに、タッパに穴をあけていき、部品を入れます。

PAP_0240_convert_20120814165913.jpg

これで一応完成まで持って行ったのですが、音が鳴らず放置しました・・・

そして、さらに以前作っていたMAXON808のオーバードライブですが、
完全に故障してもう直すのめんどいわ…となっていました
参考→maxon OD-808

そこで、MAXON OD-808の筺体にDISTORTIONを埋めることにしました!


タッパでDISTORTIONを作ったときはその辺の部品を使ったんですが、今度はうちでいろいろと
保管してあった部品を使います。

作った基盤がこれだぁ!

SH3I0002_convert_20120814170845.jpg

オレの持てる全精力を注いで、極小基盤に挑戦しました
これは結構…疲れた

IC用のソケットの中にも抵抗を入れて、コンパクト!

なぜこんなに小さくしたかというと、このDISTORTIONように用意していたポットが
予定以上に大きくて、基盤を入れる隙間がなかったのです…

そして、基盤と部品を箱に詰めた

SH3I0009_convert_20120814171335.jpg

※サムネが荒れてますが画像が大きくできます


ポットにクリッピング用・音域調整用のコンデンサを直接つないでいててんやわんやです←

もうこんな設定で作りたくないですw


結果、音はなりました!

かなりブチブチいって、ソロとかでは取り扱いにくいですが、リフとかバッキングでは
なかなかいい感じに歪んでるんじゃないでしょうか!

音声アップしたいですがめんどいです!

ちなみにDISTORTIONの回路自体は、いつもの本を参考にしてます!

外装については、MAXON OD-808で参考にしてみてください!

それでは!!

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blogofmumumu.blog55.fc2.com/tb.php/807-b93c75c1
該当の記事は見つかりませんでした。