MuMu rooMu Blog

むむっとなる情報を!
MENU
日常

学生ボランティアと支援者が集う全国研究交流会

26~28日、東京へ赴き、「学生ボランティアと支援者が集う全国研究交流会」に参加してきた。

内容としては、全国から被災地支援や国際ボランティアをしている学生と、それを支援している人たちが介し、シンポジウムやワークショップを通じて、見識を深め、交流を広げようというものだった。

まぁ、研究会交流会とかよりも、その後の飲み会とかの方が、いろんなことがみんなに聞けて、すごくいろいろ考えた。

特にここに書いておきたいおことを、書いておこうと思う。
まだ書き留めない感じなんで、いろいろ加筆修正加えていきます。

一番書いておきたいことは、リーダーについて考えている人との会話でオレが思ったこと。

オレは、これまで代表をやってきたけど、結局最後まで納得いかなかった。
オレに問題があったのか、団体に問題があったのか、っていろいろ考えて、悩んで、最近はできる範囲でやろうっていう消極的な感じになってた。


でも、いま反省として思うのは、やっぱりオレが代表として、もっと団体の統制がとれたと思う。

団体内でやる気のない奴が出てしまうのも代表のせいだし、みんながそれぞれやりたいことをしようとできないのも代表のせいだったと気づいた。

まず、一番改善するべきだと思ったのは会議風景。
オレは自分のやり方が正しいと思いきれないところがあるから、絶対的に批判して、直させることはしなかったけど、それをするべきだった。
会議で、オレが、みんなが話しやすいようにコーディネイトというか、場を作ることができていなかった。

それは、会議資料作れば解決しただろうか。KJ法や、グループ分け会議をすれば解決しただろうか。そもそも議題としてどうだっただろうか。
そして、メモを取れと言ってもメモを取らないことや、会議中に適当に物を買いに行ったり違う話で盛り上がったりしてしまうところも、もっと強制するべきだった。

オレは、団体内での自主性を特に重視していた。
やる気があるやつはあればいい、ないやつはないで、もうそれは個人の問題だと。
なぜそうしたかは、みんなのやりたいことがそれなりに差があったから。
だから、意識調査と統制会議で、代表のオレがいてやりたいことがあれば、考えてそれを団体の会議で上がれば、オレも全力でバックアップしてやっていこう。
それがいずれ、何本かの柱となって、「地域に特化した人間」、「被災地支援に特化した人間」、が出てきて、そのノウハウを共有しながら団体でいろんなことができ。
そういう多様性のある自主的な団体を見据えていたつもりだった。

オレが、被災地支援と地域防災と地域ボランティアの、すべての活動をコーディネイトして、団体で参加者を募って全部実行するのは無理ってわかっていた。
だから、いろんな話がきて、たとえそれがオレ的には「うちの団体でやらんでもな」とも思っても、共有し、やりたい人を募った。
でも、それが発展して、次はこういうことを自分でやりたいと思った人は出てこなかった。
結局オレが、誘われたところに出席したり、団体としてではなく、オレ個人でいろんなところに出て行ってしまうことも多々あったような気もする。

ここまでは、後悔の話で、ここからが反省の話。

オレが、防災マップを自分で作っちゃったのは「団体としての力を使わずに、自分の力として」何かを実行できることを、証明したかったのかもしれない。
ホントは団体でいろいろ構想を練りたかった。だけど、市役所と事務に人のところに何回もいって、自分だけでできると確信した。モデルもあったし。
それを活かせるのが、代表委任後だということが、不甲斐なかった。
もっとはやく、みんなに示したかった。

自主性が生まれるタイミングは、いろんな活動を通して、これに似たことをしたいって思う精神だと思うんだ。
オレもいまいちわかってなかったけど、それがだいぶわかってきた。
そして、オレの一番いけなかったのが、オレが成長した時に、オレだけが成長してしまったこと。
それは「団体として成長する」という意味でではなくて、オレがそういうことに気づけたとき、次に団員がそれに気づけるようにしなくてはいけなかった。
オレは、オレが考えるレベルで代表をしていて、そのレベルに団員を持っていけたら、どんだけ楽だっただろうか。
みんなが同じ活動をしても成長速度は違うし、しっくりくるタイミングは違う。
それに気づいて、みんなが気づけるタイミングをもっと慎重に見るべきだった。
団員の一人に、「なにがしたいか電話とかすればいいじゃん」と言われたことがあって、結局してないんだけど、すればよかったかもしれない。
でも、オレがそれをできなかったのは、「オレにも自信がなかった」から。
何がしたいの?ってきいて、オレがそれを聞き返されたら、たぶんオレははっきり答えれない。
オレがオレとしてしたいことはあるけど、じゃあ団体として何がしたいのっていうところは、オレが考えるシステムでは「人のために何かをしたい」が一番の答えであって、それ以上の具体性は持てない。
それは会議でも確認したんだけど、みんな分かっていただろうか。
って感じ。

ちょっと眠いわまた更新する。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blogofmumumu.blog55.fc2.com/tb.php/869-384613d8
該当の記事は見つかりませんでした。