MuMu rooMu Blog

むむっとなる情報を!
MENU
旅行

【北海道2013】クラークさん・札幌→小樽・ガラス細工【Part.2】

朝。目覚めました。
この日はそんなに早い出発ではないですが、8時過ぎにホテルを出発しました。

ホテルを出発し、まず始めにクラーク博士さん御用達の羊が丘展望台にいきました!

hituzi.jpg

そこには安定のクラーク博士がいたのです。


さて、みなさん、クラーク博士はご存知ですね。




そうです、有名な言葉がありますね。




少年よ、心臓をささげよ


kura1.jpg

進撃の巨人の見すぎです。どうもありがとうございました。

ちゃんと大志も抱いてきましたよ。ぼーいずびーあんびしゃす

kura2.jpg


そのあとは、羊が丘オーストラリア館というところで、軽く朝ごはん的なものをたべます。

mesiaa.jpg

オレはそんなにお腹が空いているわけでもなかったので、ラムまん(写真左下)をとメロンソーダを頼んだのです。




メロンソーダをぶちまけられるという悲劇。


そんなにオレの美貌に目を奪われてしまったのか、漫画のようにメロンまみれになり、お詫びに右上の餅をいただきました。

むちゃうまでした!
とくにラムまんがね。


そして、お土産を購入し、次は雪印の工場見学です(・ω・´)

yuki.jpg

magumijpg.jpg


内部はあまり撮ることはできないのですが、昔の機械などが紹介されチーズやバターなどの生成方法を見てきました。

スケール超でかくてびびった。
どこにそんな機械おくスペースあるんだよみたいな(※北海道です。)


最後に雪印製品と一緒に写真をとります。
yuki2.jpg


もう顔に名前書きませんめんどくさいですます


とりあえずお昼なので、札幌ラーメンを食べることとします。

結構混み合ってましたが、そんなに待つことなく食べれました!

さぽろらー4

うまかったですすすすす!!!

車を停めたのが、なんか謎の施設の駐車場で、10分100円で遊び放題的な

カッパ「セグウェイ乗り放題じゃん!乗ろうぜ!」

全員で、結構本気でセグウェイ乗ろうとしてました

まぁ、そんなわけにもいかず、公園ではしゃいで、時計台付近に戻り、札幌市観光です。

まず、駐車場のすぐそばにあった北海道の庁舎です!

gikaistyo.jpg


外観はこんな感じ。
レンガ造りで綺麗です。

hokaidohioa2.jpg

中もすごく綺麗にしてありました。

hokkadioasdtoua3.jpg


この中を普通に議員っぽい人が通っていくんだからすごいよね(・ω・´)

二階には、北方領土関係や、北海道と関連のある国々との関係の資料などがありました。

そのなかで、うちの大学のs教授ににた土偶がいたので、アップしときます(Σ
sasamori.jpg


一通り庁舎の中を見て回ったら、次はかの有名な時計台です!

tokeio.jpg



なんか時計台の写真撮りやすいところに、ボランティアみたいな写真取りますよ!っていうおっさんがいてびびった。
さすが観光地だなぁ!と思ったけど、逆にそれくらいしかやることがないという時計台。

なのでみんなで写真とっておさらばしました(ぁ


tokeidvf.jpg



そこから我々は小樽へ向かいます!!

小樽まではオレが運転しましたが、道中そこそこ天気もよく走りやすかったです!

タクミ車のナビさんが頼りなかったので、GoogleMap様にもお願いして、カーナビ二刀流で向かいます!

小樽に着き、車を駐車場に停め、やってきたのは「ilPonte」という吹きガラス体験ができるところです!

ialpono.jpg

小樽といえばガラスの町!!
これを逃すわけにはいきません!

このように、手伝ってもらいながらガラスのグラスを作ります。

sukiga.jpg


オレは濃いブルーに台とヒビのオプションをつけたグラスを作りました!

よく見るヒビ加工、どうやってるのかなーなんて思ってましたが、熱いガラスを一瞬だけ水につけることで表面だけ割る!みたいなことをしてました!

泡というオプションもあって、それはガラスの表面にベーキングパウダーつけてました!

初めて考えた人ぱないっす。



ある程度膨らましたら、ちょっとした穴から口を開いていく作業です。

gars2.jpg

この作業が一番の難関ですねw
人によって、上手い下手が顕著に出やすいですw

オヤジが「いっそガタガタにして個性だしてぇ」という、飲みにくさ重視のグラス開発に勤しんでいました。


そして、数日後届いたグラスがこれ!

gras3.jpg
結構上手に出来たと思います!わーい (ノ・ω・)ノ

作ってる時の画像もっといっぱいあるんですが、上げすぎるとそれはそれなのでw

他のみんなもこんな感じで作ってました!
garas1.jpg

底が傾いてたり、口の部分がいびつだったり、個性があっていいですね!
またやりたいですねぇw

あ、そういえば小樽では小樽ビールたるものを買ってきたんですが、まだ全種類飲んでいないので、後々レビューしまする!


ガラス体験が終わったら、とりあえず小樽の町並みを歩きます!

もうその時点で18時くらいで、全然店も閉まっていたので、ちょっとしょんぼりしましたが、まぁそれはそれ!


夜の小樽の運河はこんな感じでした!

otas3.jpg

橋の上からも!
otatru1.jpg

人力車とかもおいてありました!
otas4.jpg
おっされですね。
カッパさんの立ち方がいい感じです!

それからは、小樽倉庫の裏側というか、いわゆる飲み屋街みたいなところに入っていってしまって
そこで何か食べるものを探しますが、なんとなく見つからず。

otamai.jpg

一応まわるか、ということで、まだ閉めていないガラス屋やオルゴール屋、昆布屋さんを見て周ります。
rasasa.jpg
↑意外とこういうのもおもしろそうだよね!!


だけど、食べれそうな場所はなかなか見つからず、
しかたないので、謎の像の物まねだけして、違うところにザンギを食べに行きます←

sacdVAS

いったのは「なると」というお店です!

結構有名らしいです。
サインとかもいっぱいありました(・ω・)

ザンギとはいわゆる唐揚げのことで、特別名物というわけでもないですが、ここのザンギはマジうまでした!
でけぇしw
zangiu.jpg

本来、小樽で深夜まで時間を潰し、その後函館へ向かう予定でしたが「まだ早くね?」という20時。


近くにあった温泉が、1時までならゆったりしてっていいし、1500円払えば朝まで寝てっていいよっていう
オレたち強行軍のために作られた温泉(違

そこでお風呂に入り、仮眠を取りました!

途中、謎の言語をお話になる外国人の方々が入ってきて、まぁたしかにうるさかったけども、退出させられててどんまいでした。
まぁ、仕方ないかなあ
日本人がアメリカとかで同じことやったら殴られてそう。銃とか向けられるかもかも。
オレは横になっていたし、あんまり覚えていないですがw


仮眠からさめたのは12時半ごろ、函館に向けて出発です!!!

函館→小樽は245km!!!

大きな地図で見る

ふなっしーのテンションで、甲高い声を上げながら、翌朝函館到着を目指し走ります!

この日は以上!

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blogofmumumu.blog55.fc2.com/tb.php/895-2d74b6ad
該当の記事は見つかりませんでした。