MuMu rooMu Blog

むむっとなる情報を!
MENU
旅行

【北海道2013】ヒッチハイク・洞爺湖・ギリ苫小牧【Part.3】

朝です。

この朝は、先日見ることができなかった函館の朝焼けを拝みに行くために朝5:00起床!!

日の出が見れそうな場所を探して、坂道をのぼりにのぼります。

ようやく見つけたグッドポジションで、日が昇るのを待ちます。
DSC_0200.jpg
↑日が昇るのを待っています!



そして!!捕らえた朝焼けが!こちら!!


DSC_0250.jpg
NIKON D100 F 5.6 1/500s ISO 1600 クリックで拡大できます


とても綺麗でした!

いくら9月問いはいえ、北海道の朝は冷えました!


帰宅してからは、今日のルートを確認!




函館を出発し、洞爺湖→登別温泉→苫小牧港で帰ります!

寝ていて、朝日をみなかった二人をたたき起こし、朝市にご飯を食べに行きます。

朝ごはんはもちろん海鮮丼!!


なんというお店か忘れましたが、特別盛り!というのがあったので、それを頼みました。

そしたら、お通しみたいな感じで、いっぱい出てきました(・ω・´)

dsqvgdawbfavq

サービス精神に感動していたら、メインの丼が出てきました!

うにうにうにいうにいい

うに!いくら!まぐの!の贅沢三種盛り合わせええええ!!

むちゃくちゃうまかったあああああああああああ!

こんな贅沢して1200円くらいでした!函館神!


朝ごはんで一日分の贅沢を堪能した私たちは、颯爽と車に乗り込み、岐路へつきます。


車二台で洞爺湖方面へ向かう道中、道の駅にとまると超緑の青年がいました((

黄緑のポロシャツに短パン、黄緑のでかいかばんと「網走方面」と書いたダンボール。



そうです。ヒッチハイクのお兄さんです。

どうやら滋賀の人らしく、お話してた流れで、洞爺湖まで行きますけど、一緒にきます?ってことになって

そのカワチリという青年を車に乗せました


オレの横に座ってもらって、やたらいろいろ話しましたwwww

自分たちより年は5くらい上で、イベントをやったりしたい人らしいですw

終始「めっちゃおもろいやん!」を口癖に、いろいろ話してくれました。

滋賀から青森までママチャリできて、そっからフェリーで函館まで来てみたいですwwww

北海道はチャリが不可能だからヒッチハイクしてるとのことでしたww

話を聞くと、南半分は以前踏破したらしく、今は北半分ってことで、秋田も来るらしく、誘っておきました←


そんなこんなで、カワチリさんと共に洞爺湖に到着!

yityskioo.jpg

洞爺湖ではなにやらフェリーに乗って、中島に赴きました!



DSC_0426.jpg


蝦夷鹿の中島へ!とか書いてありましたが、特に鹿に会うことはありませんでした←


中島のなかを一通り適当に歩いて、白鳥とも戯れながら、フェリーに乗って帰りますw

DSC_0448.jpg


フェリーに乗ってたら後ろのほうからカモメが追いかけてきて、ずっとそれを見てましたw

えさを投げてるお客さんいたんだけど、えさキャッチできなくて、そのまま湖に下りていくの

ほんで

(-ω-`)mogmog!! → (゜д゜)船どっかいった! → まってええええええパタパタ

みたいに、再びフェリーについてくるカモメマジかわいかったですw


洞爺湖に降り立ってからは、適当な道の駅によって、お昼ご飯にカレーなどの定食?みたいなのを食いました。


次は、登別温泉にはいろう!ということで、石水亭という旅館の風呂を目指して出発します。

結構山の中にあたので、運転が大変でしたw

ホテルでは1時間ほど風呂でゆっくりして出発!

最後に苫小牧港へと向かいます!!!


ですが、圧 倒 的 時 間 配 分 ミ ス

フェリー出港30分前にはつきたいけれど、カーナビがその時間に着かないと仰っているという危機感

アクセルべた踏みで、でかい道をぶっ飛ばします。


もう最後のほうとかおかしなテンションになってましたwwwwwwwwwwww

努力の甲斐あって、ギリギリフェリー埠頭に着くことができました!

間に合ってよかったマジでぇ(汗

フェリーではまったりと写真とかみながら、かえって来ました。




北海道

景色とか食べ物とかも、もちろん最高によかったけど、

普通の旅行じゃ得られない経験がたくさんできた!

逆ナンされたり、タクシーに拉致されたり、ヒッチハイク拾ったり。

そういう意味で、とても有意義な旅行でした!

以上!

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://blogofmumumu.blog55.fc2.com/tb.php/951-81cbd15e
該当の記事は見つかりませんでした。