FC2ブログ

MuMu rooMu Blog

むむっとなる情報を!
MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本レビュー

プラチナデータ

こんばんわ

ラウンドワンのゲリライベントで、
朝6時まで17Gくらいボーリングした無夢務です←


昼夜逆転しました←
明日から新セメスターなのにっwwwww


さて、今日は、東京への行の夜行バスで読んだプラチナデータのレビューです


プラチナデータ (幻冬舎文庫)プラチナデータ (幻冬舎文庫)
(2012/07/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


東野圭吾の、文庫化される前から気になっていた本です。


この本は、なんというか、理系として核心を突かれたような本でした。

東野は、心情描写というか、そういうのがすごいと思います。
毎度ながら←

人間の、権力や知恵が持つ傲慢さ、それを利用するっていう社会。
そういう人間の世界の怖さというものを実感しました。

結局、どれだけの頭脳があり、平和を作る会議があったところで、そこに傲慢さが混じった瞬間
権力界隈でそれが利用されて、うわべの平和になってしまうだけっていう怖さ。

お前のせいだよカタストロフィ

あと、すべての人間を管理下に置くっていう、情報社会の最高峰の恐ろしさも痛感しました。

以下完全ネタバレですが()

プラチナデータっていうのは、犯罪を犯した時に、検索システムに引っかからない人たちのことで
それに登録していれば、個人情報管理の中でも、DNAでばれることがないとか言ったそういうものです。


国民すべての情報を掌握するシステムに、官僚の情報は含まれないという、権力の横暴は考えさせられます。


今の国でも同じようなことは行われていないだろうか?

議員の脱税などは、そういった傲慢さの表れだろうし、
国民が解せない法律の制定っていうのも横暴さを感じます。

でも、権力がないと変えられないし、権力を持つためには、そういうことを黙認していく過程が必要なのかもしれない。

そんな感じな社会が描かれていて、ハッとしました。

こんなことに加担する科学者・研究者にはなりたくないです。


ではでは!

本レビュー

おおかみこどもの雨と雪


おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)
(2012/06/22)
細田 守

商品詳細を見る


話題作だったので、さくっと読みました!

ええ話やったで…ほんまに…

少し泣かされました(;ω;`)ウルウル


子を思う母の姿っていうか、そういうのがありありと伝わってきてよかったです!

会話もリアリティがあって、読みやすいです(・ω・´)


※ここからネタバレ↓

ネタバレになるんですが、自立して離れていくのを誇らしぐ思いながら、同時に寂しい
そういう気持ちが心を打つんだと思います。

1Q84を読んだ後だったからかもしれませんが、もうちょっとそういうところの情景描写があると
よりリアルだった気がします!

まぁ、そこは映画見ろって話ですね、すいません(ぇ

逆に、細かく書かれていない分、花(母親)が年を重ねるにつれ母親の顔へとなっていくその変化が
とても自然に感じられて、「文学だから」という高い敷居がなかったように思います。

そういうところは、映画の経験かもしれませんね。
読みやすいです。


いま同時進行で「モダンタイムズ」(井坂幸太郎 著)を読んでいます。

また読み終わったらレビューするわいな!(`ω´ )

本レビュー

1Q84

1Q84読み終わりました!

1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)
(2012/03/28)
村上 春樹

商品詳細を見る


結構長かったなー

不思議な世界のお話です。

オレが好きな、最後の最後で大逆転!とか、その発想はなかった!とか、
そういう展開ではありませんでした。

けど、ありえないような世界のファンタジー的小説なのに、まるで歴史を
語っているかのように、鮮明にイメージできました。

出てくる人物が、人間味に帯びていたり、内心の描写が何も隠さずさらけ出されているからかもしれません。

村上春樹の本は初めてだったので、読み始めはくどいなーと思っていましたが
今思い返すと、あのくどさあっての描写だったと思います。

物語の進みは、早くも遅くもなくちょうどよかったです。

伏線などもしっかり貼ってあって、
「あ、これこうなってきたらやばいなぁ」というような状況が、いろんな人の視点から追われていて
真実が克明になっていく感じが楽しかったですね!

あまりしゃべると読んでる途中の人いたらいやなんで、これくらいで!


さて、部品注文したしなー!
土曜日に届くでええええ!!

あ、ブログ読んでる人、なんかコメントしていってよ!(ぇ

たまにはランキングの宣伝もしてみる↓

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


押して戻ってくるだけ!
まぁ今更ランキングが上がったところでry

ではまた

本レビュー

ほんとUFOキャッチャーーー

※本当にUFOキャッチャーなどという謎のタイトルではありません

本&UFOキャッチャーです。

だけど言葉遊び的な要素として、なんか気にいったので無修正です^^(ぁ

最近「パーティー」と「君が見つける物語●恋愛編●」を読みました。

パーティーはあれだね、しばらく悠介離れしてたから、文体が弱く見えてしまった・・・

けど、彼が書く劇的な最終路線はマジで好き!

予想できる展開でいい意味でいつも予想を裏切る!
いや、予想を裏切ることが予想できるっていうか・・・なんだろう。
あのじわじわ「事実」を与えてくるところがやっぱり好きだな。

君が見つけるryにも悠介いたんだけど、やっぱりじわじわ来て「何かが怪しいのは大いに分かった」のが最後まで続いて、最後に「マジかよ!!」ってなって、いいねb

あと、死んだ人のお母さんが「無事を信じましょう」と心強く言うのは定番なんだな、と気がついた←

君が見つける物語は、「植物図鑑」っていうお話と「しあわせは子猫のかたち」っていう作品が好き。

植物図鑑は有川浩さんで「しあわせry」は乙一だった。

有川浩は「図書館戦争シリーズ」を前作読むつもりなので、先に作風がわかってよかった。
あの人の感情描写はスッと入ってきて読みやすい感じだった!

乙一は初見だったけど、文体がオレ好みで、感情描写とか状況説明がちょうどよく細かいのがすごいよかった。
「ZOO」が気になってたから、今たまってる7冊くらうを消費したら読むつもりである(・ω・´)

各作品のどういう部分が・・・とかはネタばれになるので書かないb

でも、最近恋愛とか微妙にどうでもいい感じだったから、ほっこりした←

10代のための新名作!と銘打ってあったので、今読んで正解だったのは間違いないb

学校編もあるので、それも読んだらレビューするぜ!


あと、最近UFOキャッチャーしました!
mixiで公言しましたが、

オレはUFOキャッチャーでものをGETしたのは生まれて初めてで、それはもう嬉しかったです^^

しかも一発だったんだぜ!
いつも5回くらいやって「ダメだとれるわけがねぇはったりだ」とあきらめていたオレにはもう、ね!ね!

そしてそれがこいつ!


13609703_1308571321_126large.jpg

かわいいいいいいいいいいいいいいい

オレんちに居る2体の愛玩対象に劣らない可愛さ!!

おもわずmixiのTOP画にしてしまいましたぜよ!!

また機会があればUFOキャッチャーしてみよう!と製作者の罠にまんまとかかった無夢務でした

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。